オーディオの足跡

4550の画像
 解説 

フロント・ローディング・ホーン方式を採用したフロア型エンクロージャー。

4550は800Hz以下で使用する設計となっています。
内部のエンクロージャーは密閉型となっており、50Hzまでの低域を再生し、100Hz以上では能率を6dB改善します。
指向性は800Hzにおいて水平75゜、垂直30゜となっています。

ユニットは38cm径スピーカーを2個搭載します。

初期はブラックとグレーの2色のカラーバリエーションがあり、4550SFがグレー仕上げ、4550BKがブラック仕上げとなっています。
カタログ写真では、初期は側面にロゴが無く、1978年頃から側面にJBLのロゴが記載されています。

機種の定格
方式 フロントロードホーン方式・フロア型エンクロージャー
適合スピーカー 2205、2220
最低再生周波数 50Hz
外形寸法 幅914x高さ1,524x奥行825mm
重量 99kg(1973年カタログ記載)
88kg(1975年以降のカタログ記載)