オーディオの足跡

JBLの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

2386の画像
 解説 

小型・軽量タイプとして開発されたフラットフロント・バイラジアルホーン。

スロート径は49mmとなっています。

スピーカー・キャビネットへのフラッシュマウントや、コンパクトなクラスタ構成に使用できます。

水平面の指向制御は決めて正確に設計されており、中域で狭まったり、高域がビーム化するのを防いでいます。
さらに、複数のホーンをスタックすることで大型ホーンに匹敵する垂直面の指向制御が可能です。

ホーンのオーバーラップが最小で済むため、ロウビングや櫛形フィルタ効果を取り除くことができます。

カバレージ角の異なる2380A、2382A、2385A、2386は取付時の開口寸法が共通となっています。

機種の定格
型式 ラジアルホーン
スロート径 49mm
適合ドライバ 2446H/J、2450H/J、2485J
公称カバレージ角(水平x垂直) 40゜x20゜
指向係数(Q) 44.9(2kHz~16kHz)
指向性指数(Dl)
16.5(2kHz~16kHz)
使用最低周波数 350Hz
推奨最低クロスオーバー周波数 400Hz
構造 高密度ポリウレタン
寸法 幅445x高さ279x奥359mm
バッフル開口寸法 幅403x高さ238mm(前面取付)
重量 5.5kg