オーディオの足跡

JBLの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

2365の画像
 解説 

独特の形状を持つバイ・ラジアルホーン。

このシリーズはサウンド・リインフォースメント用に開発された定指向性ホーンで、500Hzから16kHzまでの広帯域において一定の指向性をもって拡散するため、均一な軸上・軸外レスポンスが得られます。

2365は66゜x46゜の指向性を持つ中距離用として設計されています。
開口寸法は2360と同じですが、指向ビームをやや狭くコントロールすることによって音圧を約2dB高めています。

2360/2365/2366は79.5cm角の正方形ホーンマウスを持ち、2360と2365のホーン長は同一寸法となっています。

接続するドライバーユニットは2441か2482ですが、スロートアダプター2327を用いることで2410、2425J、2461などの2.5cm径ドライバーも使用できます。

機種の定格
型式 バイ・ラジアルホーン
指向性(-6dBポイント) 水平:66゜(500Hz~16kHz)
垂直:46゜(500Hz~16kHz)
ディレクティビティ・インデックス(DI) 12.9dB(+1.7、-1.7dB、500Hz~16kHz)
使用限界周波数 300Hz
クロスオーバー周波数 500Hz(2425J、2441、2445J使用時)
350Hz(2482使用時)
音圧レベル 115dB/W/m(2441使用時)
スロート径 5cm
外形寸法 幅795x高さ795x奥行815mm
重量 11.3kg