オーディオの足跡

2350の画像
 解説 

プロフェッショナル用に開発された大型ラジアルホーン。

大出力屋外用PAシステムや劇場、ホール用などの幅広い用途で使用できます。

クロスオーバー周波数は500Hz以上が適正ですが、フェノールダイアフラム・ドライバーを接続し、低域を適度にカットしたスピーチ専用システムとしても使用できます。

垂直に積み重ねての使用も可能です。
例えば2350を4本積み重ねた場合、有効垂直拡散角は40゜から15゜となり、1つのホーン/ドライバーと比較して数dBも感度が良くなります。

使用には別売スロートアダプター2328、2329が必要です。

機種の定格
型式 ラジアルホーン
指向性(水平x垂直) 90゜x40゜
クロスオーバー周波数 500Hz
スロート径ホーン・アダプター 2328、2329
音圧レベル(新JIS) 111dB
外形寸法 幅803x高さ203x奥行508mm
重量 16.3kg(1973年カタログ記載)
11.6kg(1975年以降のカタログ記載)
別売
スロートアダプター 2328

2329
(¥18,100、1973年頃)
(¥13,000、1978年頃)
(¥24,300、1973年頃)
(¥16,000、1978年頃)