オーディオの足跡

2206Hの画像
 解説 

VGCシリーズの30cmコーン型ウーファーユニット。

VGCシリーズでは、大出力ながらパワー・コンプレッション(実効感度の低下)を極めて低く抑え、歪の無い滑らかな特性を実現しています。
高音質と大出力を両立するため、ヴェンテッド・ギャップ・クーリング(Vented Gap Cooling)技術を採用しており、ボイスコイルに直接空気を導くことで放熱を格段に効率化しています。また、シンメトリカル・フィールド・ジオメトリ(Symmetrical Field Geometry)磁気回路やサスペンション設計を磨くことで、低歪率化や軽量化、変位量の増加などの性能の向上を達成しています。

機種の定格
型式 30cmコーン型ウーファーユニット
公称口径 300mm
公称インピーダンス
許容入力(AES) 600W(60Hz~600Hz)
感度(1W、1m) 95dB SPL(100Hz~500Hz)
周波数レンジ(-10dB) 45Hz~3.5kHz
パワーコンプレッション 3.9dB(600W)
歪率 2次高調波:1.0%以下
3次高調波:1.0%以下
推奨最高クロスオーバー周波数 1.5kHz
推奨エンクロージャー容積 28~113lit
ボイスコイル φ100mm
エッジ巻アルミニウム・リボン
極性(赤色端子に正電圧をかけた時コーンが動く方向 +:前/−:後)
寸法 直径311x奥行130mm
バッフル開口径 前面取付:282mm
背面取付:280mm
排出容積 4lit
重量 7.8kg
fs(自由空間におけるドライバの共振周波数) 52Hz
Qts(全ての損失メカニズムを含んだfsにおけるドライバQの総計) 0.32
Qms(機械的損失のみを含んだfsにおけるドライバのQ) 4.5
Qes(電気的損失のみを含んだfsにおけるドライバのQ) 0.34
Vas(ドライバ支持系と同じ音響コンプライアンスを持つ空気の容積) 62lit
Eff(基準能率(半空間の音響負荷)) 2.5%
Pe(Max)(熱限界による最大入力電力) 600W
Xmax(コーン(ダイアフラム)の直線変位のピーク値) 7.5mm
Re(ボイスコイルの直流抵抗) 5.3Ω
Le(ボイスコイルのインダクタンス) 1.5mH
Sd(コーン(ダイアフラム)の有効放射面積) 0.055m2
BL積 18.1T*m
Mms(有効可動重量) 65g