オーディオの足跡

4312Aの画像
 解説 

4312の後継機として、デジタル時代を照準する技術の導入によって完成度を高めたスピーカーシステム。

低域には30cmコーン型ウーファーである2213Hを搭載しています。
磁気回路に低歪率を誇るSFG磁気回路を採用しており、コーン紙にはダンピングの効いた低音を獲得するためJBL独自のコーティング強化剤を塗布しています。
また、フレームにはアルミダイキャスト製を採用し、磁気回路部の振動を抑えています。

中域には13cmコーン型ユニットの104H-3を搭載しています。
このユニットは、JBLモニターに使われてきたものに改良を加えたもので、ボイスコイルを新しくし、コーン紙にもコーティングを施してスムーズな周波数レスポンスと広い指向性を得ています。

高域にはドーム型トゥイーターである035Tiを搭載しています。
軽くて剛性が高く、耐久性にも優れたピュアチタン材を25ミクロン厚のドームに成型し、日本の折紙細工にヒントを得たダイヤモンドエッジパターンと補強リブを組合せ、優れたレスポンスを得ています。

エンクロージャーはバスレフ構造となっています。
仕上げは、ウォルナット仕上げの4312Aとブラック仕上げの4312ABKの2種類がありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット等 低域用:30cmコーン型(2213H)
中域用:13cmコーン型(104H-3)
高域用:ドーム型(035Ti)
周波数特性 45Hz~20kHz
出力音圧レベル 93dB/W/m
インピーダンス
許容入力 100W
クロスオーバー周波数 1.1kHz、4.2kHz
エンクロージャー容積 40L
外形寸法 幅362x高さ597x奥行298mm
重量 20kg