オーディオの足跡

RS-9Kappaの画像
 解説 

Kappa技術の全てを投入して開発された5ウェイスピーカーシステム。

RS-9Kappaではミッドレンジを双指向性とするとともにトゥイーターを背面にも設けることで再生帯域のほぼ半分までを双指向特製を実現しています。

低域には30cmコーン型ウーファーを2個搭載しています。
このユニットのコーンにはインジェクション・モールド製法によるグラファイトファイバーとポリプロピレンの混合構造を採用しています。この2種類の材質の特性は剛性と適度な内部損失にあり、各々が互いに補い合うことで優れた強度と高い自己ダンピングを実現しています。
フレームには鋳造フレームを採用しており、不要な振動を排除しています。

中低域には12.7cmドーム型ミッドローユニットであるポリグラフKを搭載しています。
ポリグラフKのダイアフラムは薄いポリプロピレンドームをグラファイト・ファイバーで支持したコンポジット構造となっており、ウーファー・コーン同様に2種類の素材特性によって高い剛性とローマス・ダンピング特性を獲得しています。
さらに、ドーム型ダイアフラムでありながら中心駆動方式として3.75cmのボイスコイルを採用しており、十分なピストン範囲を確保しています。

中域には7.6cmドーム型ミッドレンジを搭載しています。
このユニットでは、より低域まで周波数特性が及ぶことで生じるパワーハンドリングと高効率の必要性から大口径ドームを採用しています。さらに小口径ドームのトランジェント性能を残すため、新しい組成のポリプロピレンを開発し、ダイアフラムの軽量化を実現しています。この新開発ポリドームでは内部共振が無い点で繊維系ソフトドームに比肩するうえ、コンプライアンスも高く、軽量でハイスピードな特性を実現してます。
また、RS-9Kappaではこのユニットを背面まで貫かれたダクトチューブにハウジングすることで双指向性を実現しています。

高域には特殊型トゥイーターEMIT-Kを2個搭載しています。
EMIT-KはEMIT(Electro Magnetic Induction Tweeter)の改良型にあたるユニットで、ダイアフラムには従来の1/2まで軽量化された超薄膜素材を使用しています。さらにマグネットには希土類ネオジウムをプッシュプル構成で使用しており、高効率・低歪を実現しています。

超高域用に特殊型スーパートゥイーターSEMITを搭載しており、優れた高域特性を実現しています。

ネットワーク部にはパワーアンプからウーファーへの十分な電流吸引を行うL/Cチューニング回路を採用しており、一般のシステムでは再現できない超低域までフラットな特性を実現しています。
また、使用パーツ類は特殊ポリプロピレンコンデンサーをはじめとした電気特性、音楽特性の両面で厳選されたものを使用しています。

エンクロージャーには薄型設計を採用しており、素材には高密度・低共振パーティクルボードを使用しています。さらにバッフル表面には特殊音響処理マット・コーティング処理を施し、回折効果の小さいラウンドバッフルとしています。
また、外観はナチュラル・オーク仕上げが施されています。

機種の定格
方式 5ウェイ・7スピーカー・密閉方式・フロア型
使用ユニット 低域用:30cmコーン型x2
中低域用:12.7cmドーム型
中域用:7.6cmドーム型(双指向)
高域用:特殊型(EMIT-K)x2(背面1)
超高域用:特殊型(SEMIT-K)
インピーダンス 4Ω~6Ω
出力音圧レベル 89dB/W/m
適合入力 60~340Wrms
周波数特性 29Hz~45kHz ±3dB
クロスオーバー周波数 80Hz、800Hz、4.5kHz、10kHz
マルチ駆動 可能
外形寸法 幅546x高さ1,511x奥行203mm
重量 54kg