オーディオの足跡

Sapphireの画像
 解説 

ハイブリッド設計を採用したステレオパワーアンプ。

回路構成はソリッドステートと真空管によるハイブリッド回路となっており、真空管部には12AU7とEL34を採用しています。
また、グローバルなフィードバックをかけておらず、入念の配慮のもとに出力トランス周辺に最低限のローカルフィードバックのみをかけています。

出力トランスにはカスタムメイド、ハンドクラフトによる超高精度品を採用しています。

電源部には11kgの電源トランスを採用しています。
また、各チャンネル独立のチョークフィルター式高電圧サプライを採用しています。

信号経路にはホヴランド特製のシールド済み銀メッキ接続端子であるジェネレーション3を採用しています。また、その他の配線材にはMIL仕様/テフロン絶縁銀メッキ線材を仕様しています。

回路の重要ポイントにはホヴランドの定評あるMusiCapを採用しています。

内部の部品や出力真空管の対流式冷却用として、耐熱性・ホウ珪酸塩ガラスによるチムニー構造を採用しています。

バイアス/出力メーター回路を搭載しています。メーターには半円形メーターを採用しています。

シャーシには1インチ厚のアルミ無垢材を採用しており、堅牢で振動吸収性に優れた構造を実現しています。

支持部には3点メイン・シャーシ支持構造を採用しています。
ユーザー側でコーンやインシュレーターの追加が可能です。

入力部のブリッジ接続用切換スイッチによってモノラルパワーアンプとしても使用できます。 (出力ジャンパー・オプション)

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
定格出力 40W+40W
80W(mono)
入力感度 0.91V(40W出力時)
入力インピーダンス ~680kΩ(アンバランス)
電圧ゲイン 26dB(非反転、8Ω負荷)
周波数特性 20Hz~20kHz ±0.2dB
出力インピーダンス stereo:4Ω、8Ω、16Ω
mono:2Ω、4Ω、8Ω
SN比(A-WTD) 82dB(1W出力以下)
歪率 1W/ch:0.1%以下(20Hz、1kHz)、0.2%以下(10kHz)
40W/ch:1%以下(1kHz)、1.5%以下(30Hz)、3%以下(10kHz)
使用真空管 ドライバー段:12AU7x2
出力段:EL34x4
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 180W(アイドリング時)
260W(最大)
外形寸法 幅470x高さ206x奥行445mm
重量 37kg
44.1kg(梱包時)