オーディオの足跡

SENTRY500SBVの画像
 解説 

CDホーンを搭載したモニタースピーカー。

SENTRY500SBVは、SENTRY500CDシリーズをより多くのニーズに対応するためにエンクロージャーを縦型に設計変更したものです。

低域には25.4cm(10inch)コーン型ウーファーを搭載しています。

高域にはCDホーンとスーパードームツィーターを組み合わせたホーン型ユニットを搭載しています。
CDホーンでは全音域にわたって指向性がコントロールされており、直接音によって音を拡散することでより高いステレオイメージが得られます。

ユニット間のタイムアライメントとネットワークにおけるフェイズコヒーレンスを行うことによって位相干渉を抑えています。

エンクロージャーはティール&スモール理論を基にして設計されており、ウーファーとエンクロージャーとの関係をコンピューt−あ解析し、最適なヴェンテッドボックスを採用することで小型化、高能率化、低域特性の改善を図っています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
ユニット 低域用:25.4cm(10inch)コーン型
高域用:CDホーン+ドーム型
周波数特性 40Hz~18kHz ±3dB
指向角度 110゜±30゜(水平/垂直、250Hz~10kHz)
60゜±15゜(水平/垂直、10kHz~20kHz)
クロスオーバー周波数 1.5kHz
出力音圧レベル 96dB/W/m
長時間平均許容入力 100W
ピーク(10ms) 400W
インピーダンス
外形寸法 幅515x高さ790x奥行345mm
重量 32.5kg