オーディオの足跡

PATRICIAN 800の画像
 解説 

エレクトロボイスを代表する大型フロア型の4ウェイスピーカーシステム。

外観はコンテンポラリーとトラディショナルの2種類のバリエーションがありました。コンテンポラリーは一般的に知られてるデザインのもので、トラディショナルはそれに比べて若干シンプルなものとなっています(写真奥のデザイン)。
外観の仕上げについては、72年ごろはマホガニー、サテンウォルナット、サクラ材の3種類がありました。80年代頃はマホガニー、サテンウォルナット、フルーツウッドの3種類に変更されています。

低域用に76cmコーン型ウーファーである30Wを搭載しています。

中低域用には30cmコーン型ミッドバスを搭載しています。
ミッドバスは製造時期によりSP12DやSP12Mを搭載していました。

中高域にはドライバーユニットと8HDを組合わせたホーン型ミッドレンジを搭載しています。
ドライバーユニットは72年頃はT25A、80年代はT250を搭載していました。

高域にはホーン型トゥイーターであるT350を搭載しています。

ネットワーク回路にはX1835を採用しています。

高級家具として設計されており、入念な木工仕上げの施された美しいエンクロージャーを採用しています。
このエンクロージャーは部屋のコーナーに置いて使用できるように設計されています。また、素材には厳選された厚さ2.5cmの板材を使用しています。

機種の定格
方式 4ウェイ・4スピーカー・コーナーフロア型
年代 80年代前半頃 72年頃 不明
ユニット 低域用: 30W
中低域用: SP12D SP12M
中高域用: T250+8HD T25A+8HD T250+8HD
高域用: T350
周波数特性 15Hz~23kHz
インピーダンス 16Ω(X1835)
8Ω(後期モデル? 1980年頃)
※1972年のカタログでは8Ω~16Ωと記載
許容入力 70W
150W(最大)
出力音圧レベル 103dB/W
クロスオーバー周波数 100Hz、800Hz、3.5kHz
外形寸法 幅838x高さ1,295x奥行705mm
重量 122.6kg(72年頃のカタログ記載)
142.9kg(80年代カタログ記載)