オーディオの足跡

DIATONEの製品をヤフオク!で検索

DS-9Zの画像
 解説 

DIATONEの技術を投入すると共に徹底的な見直しを行うことで、しなやかな表現力の実現を図ったスピーカーシステム。

ウーファー
低域には20cmコーン型ウーファーを搭載しています。

振動板には、高比弾性率とロスファクターの高次元バランスを実現するため、PAN系高密度炭素繊維と芳香族ポリアミド系アラミッドのハイブリッド・ウィービングを採用しています。
PAN系高強度炭素繊維はカーボン系粒子の繊維状素材で、極めて高い弾性率を持っています。また、アラミッド繊維は高強度・高弾性に加え、低密度と適度な内部損失を備えた、芳香族ポリアミド系の繊維素材です。これらの素材の長所を高次元でまとめるため、レジンのなじませ方や熱膨張係数との関係などの様々な相互関係をつきつめ、ハイブリット構造としています。これにより、比弾性率3.7x1011cm2/sec2、内部損失0.06という最適物性値を実現しています。
さらに、コンピューターシミュレーションによって最適なカーヴィング設計とし、22cmのハニカム振動板を完成させています。

フレーム部にはダイヤトーン独自のD.M.M.方式を採用しており、磁気回路全体を強固なフレームでがっちりと固定させることで優れた立ち上がり特性を実現しています。
さらにDS-9Zでは磁気回路からのリーケージフラックスによるネットワークへの悪影響を排除するため徹底した防磁設計が施されており、防磁カバーには防磁設計と剛性のバランスを実現するため球状黒鉛鋳鉄を採用しています。この素材はピアノのフレーム構造にも使われており、高剛性と減衰特性を併せ持っています。しかも、アルミダイカストフレームに装着することで、異種金属効果によって共振分散効果は高まっています。

トゥイーター
高域には2.5cmドーム型トゥイーターを搭載しています。

振動板にはダイヤトーンが開発したD.U.D.ボロン振動板を採用しています。
D.U.D.方式では、ボイスコイルボビンとダイアフラムを一体化することで、エネルギーのロスを無くして高速信号伝播を可能にしています。
さらに、DS-9Zでは小型2ウェイシステムにふさわしいトゥイーターとして完成されるよう、様々な角度から検討・改良が加えられています。その結果、口径は1インチと設定され、振動板内部のバックプレッシャーや共振を最適状態にするためアコースティックコントロールが施されています。そして、振動板をリニアリティ良く支えるため新開発のエッジを採用しています。このエッジは、強度を増すためにきめの細かい布クロスにダンピングコーティングした素材を使用し、さらに微小振幅での追従性を良くするため、タンジェンシャル設計としています。

フレーム部にはD.M.方式を採用しており、磁気回路のプレート部をマウントプレート化することで磁気回路を直接エンクロージャーに取り付ける構造となっています。
DS-9Zでは高剛性化と防磁設計とのマッチングを図るためD.M.方式についても基本から見直しがされています。サブフレームには減衰特性に優れた銅合金カスティングを採用し、防磁カバーには肉厚の焼付け塗装を施す事でダンピング効果を高めてます。

ネットワーク
ネットワーク部の全配線には線径を太くした単結晶無酸素銅線を採用しています。また、電流の金属境界面歪を排除するために採用されている圧着ワイヤリングのスリーブには、全て金メッキが施されてます。
さらに、電流密度への徹底した見直しから、各ユニットへの適正な電流供給が可能な給電方式を採用しています。そして、2つのユニットへの給電が互いに電磁干渉しあうのを防ぐため、ネットワークは完全な2分割分散配置を採用しています。

ネットワークのベースには、インダクター相互の電磁結合、システム内圧のモジュレーションを考慮して、振動減衰特性に優れたスプルース材を採用しています。

エンクロージャー
エンクロージャーには、出来るだけ音源を小さくし、その上で不要な共振を排除するため、トラピゾイダル・エンクロージャーを採用しています。
一般的なエンクロージャーでは、天板とトゥイーターが近いことで天板の共振によって中高域の音を汚し、さらに天板からの板振動による不要輻射が箱全体の共振を招いていました。また、中高域ユニット近傍のバッフル板も共振面積を縮小する意味でできるだけ小さくする必要があります。
これらを解決するため、DS-9Zでは天板の小型化と剛性向上を両立するトラピゾイダル形状となっています。これにより、天板面積は20%縮小されて剛性は約1.5倍強化し、トゥイーター近傍の振動板放射面積も約9%縮小しています。

バッフル板には響きの美しいスプルース材を採用しており、素材特性と高剛性ユニットのベストマッチを図るため、ランバーコア構造となっています。

その他
システム全体で高純度を追求するため、サランネットを排除するとともに、ボルトキャップが採用されています。

専用スピーカースタンド
別売で販売されたDK-90Zは、DS-9Z専用に新開発されたスタンドで、低域輻射を考慮して独特の形を採用しています。
また、システム全体での完成度を高めるため、スタンドのランバーコア構造にも考慮がされています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型・防磁設計
使用ユニット 低域用:22cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
公称インピーダンス
再生周波数帯域 35Hz~40kHz
出力音圧レベル 86dB/W/m
クロスオーバー周波数 1.5kHz
最大入力 180W(EIAJ)
外形寸法 幅327/236x高さ435x奥行280mm
重量 18kg
備考 開発コード:6108
別売:専用スピーカースタンド DK-90Z(2台1組、¥40,000)
外形寸法 幅400x高さ353x奥行310mm
重量 7.5kg