オーディオの足跡

DIATONEの製品をヤフオク!で検索

DS-3000の画像
 解説 

ダイヤトーンの持つ優れた技術を投入し、徹底した高剛性化を図った4ウェイスピーカーシステム。

DS-3000ではハイスピードで量感のある低域と情報量の豊富な音場を両立させるため、中低域を独立したユニットに受け持たせてウーファーを重低音専用としています。また、この構成によってファンダメンタル帯域が低音によって混変調をきたしてしまうのを回避できます。


ウーファー
低域には32cmコーン型ウーファーを搭載しています。

振動板にはアラミッドハニカム振動板を採用しています。
アラミッド繊維は芳香族ポリアミド繊維で、低密度で優れた引張り強度と高モジュラスを保持し、また減衰振動特性に優れているという特長を持っています。この優れた繊維に可撓性レジンを特殊配合したスキン材でアルミハニカムコアを挟み込んでサンドイッチ構造としたのがアラミッドハニカム振動板です。これにより軽質量で剛性に富み、しかも適度に大きな内部損失を持っているため、振動板自身の固有共振の発生を防止するとともに振動減衰を速めています。
また、大きな厚みを有していることで非軸対称分割振動や軸対称分割振動にともなって起こる歪を低減し、豊かな低音再生を実現しています。

フレーム部にはDMM(ダイレクト・マグネットサーキットマウント)方式を採用しています。
この方式では磁気回路を含むユニット全体を強固なアルミダイカストフレームで後方から強力に支持することで磁気回路とフレームを事実上一体化しています。これにより、ボイスコイルに入力信号が入った時にどこよりも先に磁気回路そのものが動くという現象を抑えこみ、入力エネルギーを損失無く振動板へ伝達させています。


ミッドバス
中低域にはアラミッドハニカム振動板を用いた16cmコーン型ミッドバスユニットを搭載しています。
フレーム部にはウーファー同様にDMM方式を採用しています。


ミッドハイ
中高域には5cmドーム型ミッドハイユニットを搭載しています。

振動板にはDUDボロン振動板を採用しています。
DUD(DIATONE Unified Diaphragm)はダイアフラムとボイスコイルボビンの一体化構造で、振動板に直接ボイスコイルを巻きつけることでボイスコイルに発生した駆動力を損失無く振動板に伝達しています。これにより高音域の減衰を低減するとともに入力信号による応答性が改善されています。しかも、接着に剛性低下を排除し、高域共振周波数を高く設定できます。
また、高い放熱効果を得ることで温度上昇によって引き起こされる導体抵抗の増加を防止し、入力信号に対するリニアリティや耐入力性を高めることができます。

振動板素材のボロンはダイヤモンドに次ぐ硬度を持っており、高域共振周波数に重量な比弾性率が高く、しかも耐久性耐候性が優れているという特長を持っています。また、磁器にも似たボロンの非金属性は金属振動板独特のピーキーな鋭い音を抑制する効果を持っています。DUD構造としたことによる共振モードのシンプル化と相まってピークキャンセラーとしてのアブソーバーを排したノートリートメント振動板を実現しています。
この振動板はダイヤトーンが開発した独自の深絞り技術によって実現したもので1/100mmの高精度の一体成型に成功しています。

フレーム部にはDM(ダイレクトマウント)方式を採用しています。
DM方式はDUD方式同様に磁気回路が入力信号によって動いてしまう点に着目したもので、ドーム型ユニットの構造自体の利点を最大限に生かして磁気回路をフレーム化したモノコック構造によってエンクロージャーに直接取り付けています。これにより入力信号を振動板に損失無く伝達し、DUD構造で実現した高速応答性をより高めています。


ツィーター
高域には中高域と同様にDUDボロン振動板を用いた2.3cmドーム型ツィーターを搭載しています。
このユニットもフレーム部にDM方式を採用しており、立ち上がり特性を改善しています。、


ネットワーク
ネットワーク回路の内部結線や端子には全て高純度の無酸素銅線を採用しています。また、圧着スリーブにも無酸素銅を使用するなど異種金属間の境界面歪を追放することで信号系素材そのものから音質向上を図っています。

入力端子には極太ケーブルにも対応した最高グレードの金メッキ端子を採用しています。


エンクロージャー
エンクロージャーは高剛性化を図りながら美しく自然な響きを持たせるため、シベリア産松合板を使用しています。寒冷な地方で育ったシベリア松は繊維間が緻密で高い剛性を保持しています。さらに針葉樹系独特の響き減衰の美しさも併せ持っています。
また、アコースティックな面への見直しが図られており、ファンダメンタル帯域をほぼカバーするミッドバス・ユニットの配置を検討するとともに定在波モードに着目した大型バックチャンバーを採用しています。さらに、回折効果による特性の乱れにも着目し、ラウンドバッフルを採用しています。

エンクロージャー内部の音響特性にも着目し、吸音材には自然で穏やかな吸音性を持つ天然系素材のフェルトを使用しています。

その他
DS-3000やDS-2000専用に設計されたスピーカースタンドDK-5がありました。

機種の定格
方式 4ウェイ4スピーカー・ブックシェルフ型
・アコースティック・エアーサスペンション方式
使用ユニット 低域用:32cmコーン型
中低域用:16cmコーン型
中高域用:5.0cmドーム型
高域用:2.3cmドーム型
公称インピーダンス
再生周波数帯域 25Hz~40kHz
出力音圧レベル 90dB/W/m
クロスオーバー周波数 350Hz、1.35kHz、4.5kHz
最大入力 180W(EIAJ)
外形寸法 幅450x高さ750x奥行420mm
重量 52kg
別売:スピーカースタンド DK-5(2台1組、¥50,000)
外形寸法 幅470x高さ272x奥行380mm