オーディオの足跡

DIATONEの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

DA-A10の画像
 解説 

Featureシリーズのパワーアンプ。

左右チャンネル別電源、モノラルアンプ2台を同一シャーシ上に構成した2モノラルコンストラクションを採用。
このため、電源からの相互干渉を抑えチャンネル間のセパレーションを大幅に改善しています。

シンメトリカル・コンプリメンタリー3段ダーリントンOCL回路、差動増幅2段カレントミラードライブ方式を採用しています。
直流電流増幅率が大きい3段ダーリントン回路と、高利得で対象ドライブが可能で歪の少ないカレントミラー回路を用いる事で低歪率が可能になっています。

カレントミラードライブと高周波特性のすぐれたトランジスタを組合わせる事により、パルスの立上がり特性、高域の歪特性の改善をはかっています。

電源回路には、200VAの電源トランス2個と、63V、10000μFx2の電源用コンデンサーを2個使用しています。

チャンネル当り0.35℃/Wの巨大なヒートシンクを外部に取り付けています。
これにより冷却効果が非常に高くなり、パワートランジスタのジャンクション温度を十分に低く抑え使用することができています。
Pc=100Wのパワートランジスタのパラレルプッシュプルと相まって高信頼度を確保しています。

スピーカーの切り換えには、プロテクション用のリレーをそのまま使用しています。
これにより従来のスピーカー切換えスイッチは無いので、スピーカー切換えスイッチの接触抵抗による、ダンピングファクターの低下はありません。

Featureシリーズのプリアンプとドッキングする事が可能で、プリアンプによるリモートコントロールが可能です。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
出力
20Hz~20kHz: 100W+100W(8Ω)
135W+135W(4Ω)
1kHz: 115W+115W(8Ω)
155W+155W(4Ω)
ミュージックパワー: 320W(8Ω)
600W(4Ω)
EIAJ(5%歪): 250W(8Ω)
400W(4Ω)
高調波歪率
定格出力時: 0.1%
1W(20Hz~20kHz)時: 0.02%
定格出力(-3dB、1kHz): 0.003%
混変調歪率(1W、50Hz:7kHz=4:1) 0.03%
入力感度/インピーダンス 1V(可変)/50kΩ
周波数特性(0.5W、0dB -1dB) 10Hz~100kHz
出力帯域幅(IHF 0.1%歪) 10Hz~50kHz
ダンピングファクター 100
チャンネルセパレーション
1kHz: 90dB
20kHz: 80dB
残留ノイズ 0.30mV
ミューティングタイム 5秒
適合負荷インピーダンス 4~16Ω
電源 AC100V 50Hz/60Hz
消費電力
電気用品取締法: 240W
定格出力(8Ω): 380W
外形寸法 幅425x高さ170x奥行285mm
重量 16.5kg