オーディオの足跡

DENON/Columbiaの製品をヤフオク!で検索

TU-501の画像
 解説 

ドラム式ロングスケールダイヤルを搭載したFM/AMチューナー。

フロントエンド部には周波数直線形4連バリコン、RF1段、MOS FETを採用しています。

中間周波増幅部には、リニアフェイズ6素子セラミックフィルターとLC回路を採用することで実効選択度78dBとなっています。また、広帯域クォドラチュア検波回路、位相補正回路の採用でステレオ歪率を低減しています。
さらに、高集積度ICを用いた高利得増幅と5段リミッターにより、混信による音質劣化を低減しています。

フロントパネルの左右に大型レベルメーターを設け、シグナルメーター兼用とチューナー出力レベルやパワーアンプ出力の測定が可能となっています。

AMチューナー部には新開発のIC HA1197を採用しています。
2段AGCをかけ、感度の向上と電界の強弱による出力の変動を防止し、セラミックフィルターの採用で選択度・妨害波排除能力、オーディオ伝送特性を向上しています。

機種の定格
型式 FM/AMチューナー
<FMチューナー部>
受信周波数範囲 76MHz~90MHz
中間周波数 10.7MHz
実用感度(IHF) 1.8μV
S/N50dB感度 mono:3.5μV
実効選択度(IHF) 78dB
イメージ妨害比(83MHz) 90dB
IF妨害比(83MHz) 90dB
スプリアス妨害比(83MHz) 90dB
AM抑圧比(IHF) 60dB
キャプチャーレシオ 1.2dB
周波数特性 30Hz~15kHz +0 -3dB
50Hz~10kHz +0 -0.6dB
キャリアリーク 65dB
SN比 mono:75dB
stereo:70dB
全高調波歪率(1kHz) mono:0.1%(100%変調時)
stereo:0.15%(90%変調時)
ステレオセパレーション 45dB(1kHz)
40dB(50Hz~10kHz)
<AMチューナー部>
受信周波数範囲 525kHz~1,605kHz
中間周波数 455kHz
実用感度(S/N 20dB) 300μV/m(付属バーアンテナ使用)
20μV(外部アンテナ端子使用)
選択度(±10kHz) 33dB
イメージ妨害比(1MHz) 55dB
IF妨害比(1MHz) 40dB
SN比 55dB(電界強度 100mV/m、30%変調時)
全高調波歪率 0.4%(電界強度 10mV/m、30%変調時)
<オーディオ出力>
出力電圧/インピーダンス 1Vrms/1.5kΩ(100%変調時)
レベルチェック出力電圧 0.5Vrms(440Hz、50%変調相当)
<レベルメーター>
外部オーディオ測定レンジ +10、+20、+30dB(0dB:0.775Vrms)
指示誤差 ±0.2dB以内(各レンジ共、1kHz、VU目盛0付近)
周波数特性 20Hz~15kHz ±0.5dB以内
<総合>
アンテナ端子 FM:ねじ式(300Ω、75Ω)
AM:フェライトバーアンテナ、ねじ式外部端子付
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 10W
外形寸法 幅430x高さ145.5x奥行303mm
重量 6.6kg