オーディオの足跡

DENON/Columbiaの製品をヤフオク!で検索
ヤフオク!で中古オーディオを検索

SC-A555SAの画像
 解説 

120kHzを実現するスーパーツィーターとP.P.D.D.方式を採用したブックシェルフ型スピーカーシステム。

低域には14.5cmコーン型ウーファーを2個搭載しており、P.P.D.D.方式で駆動しています。
P.P.D.D.方式ではエンクロージャーの前後にセットされたウーファーの片方のエッジを逆向きに装着することで高調波歪をお互いに打ち消し合って解消しており、歪が少なく量感に溢れた低音再生を実現しています。
ウーファーの振動板には軽量で弾性に優れたグラスファイバーを採用しています。

高域には2.5cmソフトドーム型ツィーターを搭載しています。
このユニットの磁気回路にはネオジウムマグネットを採用しています。

超高域には2cmドーム型スーパーツィーターを搭載しています。
振動板には軽量で弾性に優れたナストロン振動板を採用しており、120kHzの超高域までの再生を実現しています。
また、このユニットにもネオジウムマグネットを磁気回路に採用しています。

各ユニットのフレームには非磁性体フレームを採用しており、磁気回路への影響が無く、音の濁りを低減しています。

ネットワーク部には指向性に注目した新設計クロスオーバーネットワークを採用しています。
この回路ではマルチチャンネル再生においてスイートスポットを大きくするため、広域で均一な指向特性を実現する設計となっています。これによりマルチチャンネルスピーカーのセッティングが容易な上に多人数での視聴においても一人ひとりがマルチチャンネルオーディオを楽しめます。

フロントバッフルには3次元加工が施されており、ユニット取付面を最小限にすることでバッフル端面で生じる回折効果を排除しています。また、バッフルには厚さ30mmのMDF材を採用しており、ウーファーの振動をしっかりと抑えています。
エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しています。

入力端子にはバナナプラグに対応した真鍮削り出し金メッキ端子を採用しています。
バイワイヤリングにも対応しています。

コルク製の滑り止めが付属しています。

別売りでスピーカースタンドや壁掛/天吊ブラケットがありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・4スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型・防磁設計(EIAJ)
使用ユニット 低域用:14.5cmコーン型x2
高域用:2.5cmドーム型
超高域用:2cmドーム型
周波数特性 33Hz~120kHz
平均出力音圧レベル 89dB/W/m
入力インピーダンス
最大許容入力 200W(Peak)
100W(EIAJ)
外形寸法 幅190x高さ332x奥行293mm
重量 7.2kg
付属 コルク製滑り止めx4
スピーカーコード(約3m)x1
別売:スピーカースタンド ASS-555(1台、¥15,000)
外形寸法 幅300x高さ500x奥行320mm
天板平面寸法:幅190x奥行245mm
重量 5.8kg
別売:スピーカーブラケット ASG-555(1台、¥10,000)
外形寸法 幅140x高さ279x奥行120mm
重量 1.4kg