オーディオの足跡

DP-2700の画像
 解説 

優れた基本性能を追求するとともに操作性と耐久性も重視して開発されたダイレクトドライブプレイヤーシステム。

駆動方式にはダイレクトドライブ方式を採用しています。
この方式では、モーターの軸にターンテーブルが直結されておりベルトやアイドラなどの減速機構がありません。このため、回転ムラが少なく、モーター自体もターンテーブルと同じ速さで静かに回転します。

サーボ回路のスピード検出にはDENON独自の高精度磁気記録方式を採用しています。
この方式は、ターンテーブル内周に正確に磁気記録したパルスを磁気ヘッドで検出し、その周波数に応じた電圧に変換します。これを基準電圧と比較してモーターに加える電圧を制御しています。パルスは1,000個、波長誤差0.01%の精度で記録されており、非常に正確なスピード検出と、極めて早くかつ十分なサーボ・コントロールが可能となり、優れたワウフラッター特性を実現しています。
また、針圧などの負荷条件が変化しても安定した回転スピードが得られます。さらにサーボ回路は温度補償を十分に行うとともに直流安定化電源を内蔵しているため、回転スピードは電源周波数や電圧の変動及び温度変化の影響をうけません。

駆動モーターにはDP-3000と同じソリッドロータ形ACトルクモーターを使用しています。
このモーターは同期モーターやDCモーターに比べて滑らかで振動の少ない回転特性を持っています。また、綺麗に波形整形した交流で駆動するため、ランブルが殆どありません。

応答の速いスピード検出系と安定したサーボ形の採用によって重量1.1kg、慣性質量160kg-cm2というターンテーブルの軽量化を実現しています。このため起動特性は1/2回転以下となり、さらにモーターの軸受負担軽減によって超寿命化されています。

キャビネットにはアルミダイカストフレームと53mm厚の木製アームボードを組み合わせた設計を採用しています。
フレームとアームボードの接合部やダストカバー、アーム取付部などの各所に粘弾性材料を使用し、脚部インシュレーターの効果と相まって優れた防振効果を得ています。

トーンアームは軽針圧カートリッジも使用できるよう設計されたラテラルバランスのとれたS字型となっています。このアームは、プロフェッショナルユースとしてのDENONの永年の経験からインサイドフォースキャンセラーを装備していません。また、針圧調整はマイクロメーター型直読式となっています。
回転軸受部は高感度高信頼性を常に維持するために放送局用アームと同じ配慮がされています。水平回転軸受は2個の高級ミニチュアベアリングが二重のハウジングによって保護されています。また、上下回転部は特殊弾性材で保護された摩擦変化の最も少ないアンギュラ型ベアリングと焼入れ精密研磨したピボットを組合せ、外部振動や衝撃に対して安定であると同時にアーム自体の共振を最小限に抑えています。

コードには特殊低容量出力コードを使用しており、4チャンネルレコードの再生でも高域特性を損ないません。

ゴムシートは厚さ5mmとなっており、レコードが取扱いやすい形状にするとともに、表面に帯電防止処理が施されてます。

製造されたDP-2700は厳密な製品検査ののち、長時間のランニングテスト(エージング)を経て出荷されます。

機種の定格
型式 ダイレクトドライブプレイヤーシステム
<フォノモーター部>
駆動方式 ダイレクトドライブ
モーター ソリッドロータ形ACトルクモーター
スピード制御方式 周波数検出による電圧サーボ方式
回転数 33 1/3、45rpm
回転数微調整範囲 ±3%(各回転数独立調整)
ワウ・フラッター 0.03%wrms以下(テストレコードによる)
S/N比 60dB以上
起動特性 1/2回転(1.8秒)以下(33 1/3rpm時)
ターンテーブル 30cmアルミダイカスト製、1.1kg
慣性質量 160kg・cm2
<トーンアーム部>
型式 スタティックバランスS字型アーム
有効長 244mm
オーバーハング 14mm
オフセット角 20.5゜以内
トラッキングエラー ±2゜以内
針圧調整範囲 0~3g(1目盛0.5g)
適合カートリッジ重量範囲 4g~17g
ヘッドシェル自重 8.5g
アーム高さ調整範囲 40mm~50mm
ヘッドコネクタ EIA規格4Pコネクター
アームリフター オイルダンプ式
<総合>
ターンテーブルフレーム アルミ合金ダイカスト
アームボード 木製ウォルナット仕上げ(板厚53mm)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 12W
外形寸法 幅510x高さ175x奥行430mm
重量 12kg