オーディオの足跡

DENON/Columbiaの製品をヤフオク!で検索

DP-80の画像
 解説 

二重構造ターンテーブルを採用したダイレクトドライブ方式のターンテーブル。

ターンテーブルには二重構造ターンテーブルを採用しています。
構造的には上部と下部のターンテーブルをスプリングとダンパーで連結し、下部はモーターシャフトと固定する方式のハイカットフィルターを構成しています。これによりスピーカーからのアコースティックフィードバックなどの外来振動をシャットアウトし、カートリッジが音楽信号以外の振動をピックアップすることを防いでいます。
DP-80では上部と下部共にアルミダイカスト製ターンテーブルを採用しています。

駆動モーターにはアウトローター形3相ACサーボモーターを採用しています。

サーボ機構にはDENONの磁気記録検出方式スピードサーボ機構を採用しています。これにクォーツロックを組合せたDENONクォーツによって優れた回転精度を獲得しています。

DENONの磁気記録検出方式では、スピード変化が最も顕著に現れるターンテーブル外周(リムの内側)から1回転1000個の時期パルス信号を検出しています。
これにより、モーターに直結された周波数発電機から検出するFG方式より数倍~10数倍の高い精度を獲得しており、優れた応答性を実現しています。

2in1形の検出用磁気ヘッドを用いた両方向スピードサーボ機構を採用しています。
これにより回転速度の遅れを制御するだけでなく、速すぎた場合にも素早い応答を可能にしています。また、45回転-33 1/3回転の変更時もただちに規定速度に安定します。
さらに、ストップ時のスムーズな電子ブレーキなどもあわせて実現しています。

約半音の速度微調整が可能です。

DK-300をはじめとする各種別売りキャビネットに適合しています。

機種の定格
型式 ターンテーブル
駆動方式 両方向サーボ・ダイレクトドライブ
モーター アウトローター形3相ACサーボモーター
スピード制御方式 周波数検出によるスピードサーボ及び位相サーボ
Speed ADJ時はスピードサーボのみ
回転数 33 1/3、45rpm
(±6%調節可能)
ワウ・フラッター 0.015%W.rms以下(DENON測定法)
0.02%w.rms以下(JIS測定法)
回転数偏差 0.002%以内
SN比 80dB以上(DIN-B)
起動時間 1.2秒以内(33 1/3rpm)
負荷特性 0%(針圧250g最外周)
電圧特性 90~110Vに対し0%
ブレーキ 電子式
ターンテーブル アルミダイカスト30.8cm(上部、下部共)
慣性モーメント 370kg・cm2(ターンテーブルシート含む)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 8W
外形寸法 直径376x高さ140mm
重量 約10kg
別売 キャビネット DK-300(¥55,000)
キャビネット DK-2300(¥70,000)
キャビネット DK-110(¥35,000)