オーディオの足跡

ヤフオク!で中古オーディオを検索

6060の画像
 解説 

過剰な装飾や不必要な機能を廃し、クリークのカンパニーフィロソフィーを徹底したインテグレーテッドアンプ。

回路構成はドライブ段をA級動作とし、出力段はバイポーラ出力素子をエミッタ接地ダーリントン接続で構成しています。
さらにNFBを排することで高音質化を図っています。

回路設計にはCADシステムを用いています。

モノラルブリッジ接続が可能です。

電源部にはトロイダルトランスとハイグレードキャパシターを採用しています。

基板にはガラスエポキシ両面基板を採用するとともに、高精度電圧レギュレーターによるプリアンプ電力供給や、フィルター内蔵電源など、パーツ類にも音質を追求したものを使用しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
出力 65W+65W(8Ω、30A)
200W(モノブリッジ接続時)
SN比 Phono MC:65dB
Phono MM:70dB
Line:90dB
入力感度/インピーダンス Phono MC:0.1mV/100Ω
Phono MM:2mV/47kΩ
Line:400mV
CD:850mV
全高調波歪率 0.05%以下
セパレーション Phono MC:45dB
Phono MM:50dB
Line:50dB
外形寸法 幅420x高さ70x奥行345mm
重量 10kg