オーディオの足跡

SA-3の画像
 解説 

SA-5で蓄積した真空管プリ・コンセプトを受け継ぐエコノミーモデルとして開発されたコントロールアンプ。

真空管とソリッドステートの2つを組合わせた回路を構成し、それぞれの長所を引出しています。
また、ソリッドステート技術により安定した電圧を維持供給する回路を考案することで、真空管への余分な負担を軽減し、寿命を延ばしています。

電源ユニットをシャーシ本体と分離し、ハムなどの悪影響を排除しています。
SA-3のパワーユニットは約50ジュールを電源として供給しています。

真空管には、全てTBD-15の装置によって100時間を越える通電テストをパスした、ごくごく特性の良いものだけを採用しています。これらリニアリティに優れた高圧容量の真空管を、カソードフォロアー回路で構成し、安定した特性と優れた音質を実現しています。
さらに、完全なバイアス調整を施す事で、真空管の性能を引出しています。

機種の定格
型式 管球式コントロールアンプ
入力インピーダンス Phono:47kΩ(100PH)
利得 52dB
全高調波歪率 0.18%
出力レベル 70V(最大)
出力インピーダンス 3kΩ
RIAA偏差 40Hz~18kHz ±0.1dB
ライズタイム 12μ/sec
出力帯域幅 5Hz~27kHz(50kΩ負荷)
S/N比 Phono:83dB
使用真空管 6DJ8x3
外形寸法 幅483x高さ58x奥行300mm
重量 8.1kg