オーディオの足跡

C-T100CSの画像
 解説 

リザーブ電源回路を採用したミュージックバード専用CSチューナー。

電源回路にNECのA-10シリーズで採用されたリザーブII電源回路を採用しています。
一般的な電源は負荷変動に伴って整流段の電流が変化するため、音楽信号電流が整流段の主電解コンデンサに流れることになります。この音楽信号が流れる整流段電解コンデンサには電源周波数に応じて間欠充電電流が重畳しているので、音楽信号は間欠電流によって常に変調されることになります。
リザーブII電源は間欠充電電流の谷間を埋める補助電流を主電解コンデンサに流し込むことによって充電電流のピーク値を大幅に抑え込んでいます。また、スイッチング電源に比べて電源ラインに重畳するノイズ成分が少なく、音質的にもメリットが得られています。このリザーブII電源によってトランス電源のコンデンサに流れる電流変動を3分の1程度に抑えています。さらに、リザーブ電源はノイズが無く安定した電圧を供給でき、かつ負荷に対する電圧変動に強い特性を得ています。

電源部にはチューナー回路電源用とオーディオ回路電源用にそれぞれ巻線を持つRコアトランスを新設計して採用しており、スイッチング電源を完全に排除した電源環境を整え、音質を向上させています。

DAC部にはWolfson社製WM8741GEDSをデュアルモノラル構成で採用しています。
また、サンプリングレートコンバーターにはCirrus Logic社CS8420-CSZ、オペアンプにはTexas Instruments社のOPA2604APとLinear Technology社のLT1116をそれぞれ採用しています。

DAC周辺のコンデンサにはノイズに強く広帯域なPanasonic社製導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを採用しています。また、抵抗にはLinkman社製金属皮膜抵抗を使用しています。

簡易デジタル入力機能を搭載しており、デジタル同軸で入力した音声信号をアナログ信号に変換するDAC機能を搭載しています。CD音声信号などを外部からデジタル同軸端子で入力し、リアパネル側のスイッチを切換えることでD/Aコンバーターとして使用できます。
この機能はC-T100CSの暗転あ入力端子にアンテナが接続されている必要があります。

外部クロック入力機能を搭載しており、12.288MHz出力のある機器との接続が可能です。
外部クロック入力を使用した場合、チューナー内部の動作モードは48kHzサンプリングモードに固定されます。

リアパネルのスイッチ切替えによって内部動作モードを48kHzと96kHzのいずれかに切替えできます。96kHzモードではサンプリング周波数48kHzの2倍で処理され、より高精細な音が楽しめます。

内部コンストラクションはデジタル系とアナログ系を分離し、さらにデジタル部をシールド板で覆うことでデジタルノイズの影響を低減しています。

フロントパネルにはシボ加工を施したアルミ削り出しパネルを採用しています。
また、メカニカルグランドコンストラクションの思想に基づくConclusionブランド伝統の真鍮削り出し三点脚を採用しています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 ミュージックバード専用CSチューナー
受信範囲 JCSAT-2A:950MHz~2,150MHz(2MHzステップ)
入力端子 アンテナ:F型コネクター、1系統
外部クロック:BNC端子、1系統(12,288MHzマスタークロック入力)
デジタル入力:同軸(SPDIF)RCA、1系統、2Vrms
アナログ出力 RCA:2Vrms(2系統)
デジタル出力 同軸:RCA、1系統
光:TOS、2系統
D/A変換部 48kHz/96kHz
S/N比 120dB
内部動作モード サンプリング周波数選択式:48kHz、96kHz
(工場出荷時48kHz)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 14W
外形寸法 幅430x高さ90x奥行340mm
重量 7.8kg
付属 ワイヤレスリモコン
電源ケーブル
スマートカード
ステレオピンコード