オーディオの足跡

Performanceの画像
 解説 

完全モノラル設計を採用したモノラルパワーアンプ。

Performanceでは大型電源部をセパレートした設計となっており、ステレオでは合計4シャーシ構成という完全モノラル設計を採用しています。

回路構成は60WまでピュアAクラス動作となっており、最大390WまでをABクラスで駆動しています。
増幅回路にはAudio SuiteやAudio Paletteと同じバランス回路が採用されています。出力段は片チャンネルだけで合計44個の出力トランジスタを使用しており、プラス側とマイナス側にそれぞれ22個ずつ使用しています。内部ではこの22個ずつが2本の筒形に構成されたヒートシンクの中に収められており、これを側面からファンで冷却する構造となっています。

電源部には電流容量の大きなチョークコイルによるチョークインプットを採用しています。また、トランスはEI型コアを採用しています。

内部構造は2層構造となっており、上部にドライバー段と出力段を備え、下部にも全く同じ構成の出力段を内蔵しています。
また、DCオフセットや異常発熱、過大入力等を保護するセンサーもこのシャーシの中に入っています。

スピーカー出力端子は4系統並列に接続されており、バイワイヤ以上の接続ができるようになっています。このためチェロのAMATIスピーカーシステムはダイレクトに接続できます。

電源部とアンプ部を接続する端子にはバリアターミナルを採用しています。
接続するケーブルには直系4.5mmx8の高純度銅線を使用しており、音質劣化とエネルギーのロスを低減しています。

入力端子にはバランス型を採用していますが、アンバランス接続も可能となっています。
バランス入力とブリッジ用入力にはフィッシャー3Pコネクターを採用しています。

機種の定格
型式 モノラルパワーアンプ
定格出力 200W(8Ω)
全高調波歪率 0.025%(1kHz、定格出力時)
周波数特性 20Hz~20kHz -0.3dB(定格出力時)
S/N比 100dB以上
入力インピーダンス 100kΩ
入力感度 1.5V(不平衡)
0.775V(平衡)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 250W(1台当り)
外形寸法 増幅部:幅463x高さ216x奥行470mm
電源部:幅445x高さ216x奥行470mm
重量 増幅部:19.8kg
電源部:25.1kg