オーディオの足跡

ERGO90の画像(写真奥)
 解説 

従来のCTシリーズを継承しながら改良が図られたERGOシリーズのスピーカーシステム。

低域には20cmコーン型ウーファーを2個搭載し、中域には16cmコーン型スコーカーを搭載しています。比較的小口径のウーファーをパラレルで使用することによって応答特性の優れた低音域を実現しています。
これらユニットの振動板には新開発のグラファイト強化ポリプロピレン・コーンを採用しています。

高域には2.5cmハードドーム型ツィーターを搭載しています。
振動板には航空宇宙学の分野で開発されたマンガン・アルミニウム・ダイアフラムを採用しており、さらに振動板とボビンを一体構造とすることで放熱効果を高め、優れたトランジェント特性とともに高耐入力を実現しています。

ネットワーク部は位相特性を重視した設計を採用しており、特定の周波数の位相が遅れる群遅延特性を大幅に改善しています。また、耐久性の優れた高音質パーツを採用することでネットワークによる音質劣化を低減しています。

エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しています。
外観はフェルト張りのバッフル板とラウンドコーナーによって音の不要輻射を抑えつつインテリア性を高めています。

入力端子にはスクリュータイプの大型端子を採用しており、極太ケーブルへの対応を図っています。

仕上げはマホガニーとウォルナットの2種類のバリエーションがありました。

機種の定格
方式 3ウェイ・4スピーカー・バスレフ方式
・トールボーイ型
使用ユニット 低域用:20cmコーン型x2
中域用:16cmコーン型
高域用:2.5cmドーム型
出力音圧レベル 88.3dB
許容入力 150W(定格)
250W(最大)
公称インピーダンス
クロスオーバー周波数 300Hz、3.5kHz
外形寸法 幅255x高さ1,050x奥行307mm
重量 22.5kg