オーディオの足跡

Model897の画像
 解説 

Model877の設計思想や性能を継承しつつコストパフォーマンスを高めたプリアンプ。

音量調整には無断階型ポテンションメーターを採用しています。
また、オプションとして段階型アッテネータータイプもありました。

フォノ入力部にはモジュール式を採用しており、基板の差し替えによってバランス型・アンバランス型切換式フォノMC(標準)、アンバランス型フォノMM(オプション)、バランス型CD(オプション)が接続可能となっています。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
入力感度/インピーダンス
(1V出力)
Phono MC(バランス):0.11mV~18mV(35dB~79dB)/10~1kΩ
Phono MC(アンバランス):0.034mV~5.5mV(45dB~89dB)/10~1kΩ
Phono MM(アンバランス):0.7mV~10mV(40dB~57.7dB)/47kΩ(56pF~390pF)
Tuner、CD、Tape、Aux:100mV/13kΩ
S/N比 入力 DIN-A(負荷) 20Hz~20kHz ゲイン 負荷入力
Tuner/CD アンバランス
Phono MC バランス
Phono MC アンバランス
Phono MM アンバランス
-98dB
-84dB
-80dB
-83dB
-95dB
-79dB
-76dB
-78dB
6dB
66dB
66dB
46dB
1kΩ
10Ω
10Ω
1kΩ
出力レベル/インピーダンス RCA:9V/1Ω以下
XLR:12V/1Ω以下
Tape:6.5V/800Ω
全高調波歪率 RCA:0.002%
XLR:0.002%
Tape:0.002%
混変調歪率 RCA:0.0035%
XLR:0.0035%
Tape:0.002%
クロストーク
R→L:

L→R:

Tuner→Tape:
-80dB(1kHz)
-65dB(10kHz)
-77dB(1kHz)
-58dB(10kHz)
-98dB(1kHz)
-88.5dB(10kHz)
周波数特性
Phono MC:

Phono MM:

Line系:
6Hz~121kHz -3dB
60Hz~22kHz -0.1dB
3.3Hz~157kHz -3dB
70Hz~39kHz -0.1dB
1Hz~315kHz -3dB
30Hz~65kHz -0.1dB
外形寸法 -
重量 -
別売 アンバランス型フォノMMモジュール基板
バランス型CDモジュール基板