オーディオの足跡

ヤフオク!で中古オーディオを検索

Model877の画像
 解説 

デュアルモノラル設計を採用したプリアンプ。

内部回路にはデュアルモノ設計を採用しており、増幅回路部と電源供給部をともにLRを完全に分離・独立させた構成としています。これにより両チャンネル間のクロストークを完全に排除しています。

5種類のフォノ入力感度調節機構を搭載しており、カートリッジに最適の感度を選択できます。

ボリュームには23ステップのアッテネータータイプを採用しています。
また、接点自浄作用を持つディスクリート式低容量レジスターを採用しています。

プラグインタイプのモジュール基板を採用することでMM/MCカートリッジに対応しています。

2台のテープレコーダーを使って容易にダビングが可能です。

オプションとしてリモートコントロール機能がありました。
リレーと抵抗で構成された回路によってボリュームコントロールと入力信号の切替が行えます。ボリューム調整は40dBを標準設定としてありますが、これを本体側のボリュームコントロールであらかじめ選択しておくことも可能です。

機種の定格
型式 コントロールアンプ
入力感度/インピーダンス
(1V出力)
Phono MC(バランス):0.05mV~5mV(46dB~86dB)/10~1kΩ
Phono MC(アンバランス):0.05mV~5mV(46dB~86dB)/10~1kΩ
Phono MM(アンバランス):0.5mV~10mV(40dB~66dB)/47kΩ(56pF~390pF)
Tuner、CD、DAT、Tape1/2、Aux:290mV(10.75dB)/12.5kΩ
S/N比 入力 DIN-A(負荷) 20Hz~20kHz ゲイン 負荷入力
Tuner/CD アンバランス
Phono MC バランス
Phono MC アンバランス
Phono MM アンバランス
-104dB
-85dB
-80dB
-83dB
-101dB
-81dB
-77dB
-78dB
6dB
66dB
66dB
46dB
1kΩ
10Ω
10Ω
1kΩ
出力レベル/インピーダンス RCA:15V/1Ω以下
XLR:24V/1Ω以下
Tape1/2:7V以上
Phones:15V
全高調波歪率 RCA:0.0015%
XLR:0.002%
Tape1/2:0.008%
Phones:0.0015%
混変調歪率 RCA:0.0015%
XLR:0.002%
Tape1/2:0.0015%
Phones:0.0015%
クロストーク
R→L:

L→R:

Tuner→Tape:
-82dB(1kHz)
-62dB(10kHz)
-76dB(1kHz)
-65dB(10kHz)
-101dB(1kHz)
-98.5dB(10kHz)
周波数特性
Phono MC:

Phono MM:

Line系:
6Hz~121kHz -3dB
60Hz~22kHz -0.1dB
3.3Hz~157kHz -3dB
70Hz~39kHz -0.1dB
4.4Hz~205kHz -3dB
30Hz~65kHz -0.1dB
外形寸法 幅482x高さ95x奥行290mm
重量 -
別売 リモートコントロール