オーディオの足跡

SS-930sの画像
 解説 

大口径ウーファーと低歪率ホーンを用いた2ウェイフロア型スピーカーシステム。

低域には38cmコーン型ウーファーを搭載しています。
コーンには米国ホーレー社製のものを使用しており、優れた内部損失と腰の強さを得ています。
また、マグネットには鋳造の内磁型を採用し、ボイスコイルにはエッジワイズ巻きで能率向上を計った105mm径の大口径ショートストロークボイスコイルを採用しています。
フレーム部にはアルミダイカスト製を採用しており、寄生振動を抑えています。

高域にはホーン型ツィーターを搭載しています。
ダイアフラムにはチタン製を採用しており、ボイスコイルはアルミリボン線をエッジワイズ巻きにして能率と耐入力特性を高めています。また、マグネットは鋳造の内磁型とすることで低歪化を図っています。
ホーン部はアルミダイカスト製のショートカットタイプとなっており、マルチパスイコライザーと大型の音響レンズで位相特性を揃え、優れた指向性を実現しています。

ネットワーク部にはフェライトコア入りコイルや特殊メタライズドフィルムコンデンサーを採用しています。
また、高域用として連続可変式のレベルコントロールを搭載しています。

エンクロージャーは高密度針葉樹のパーチクルボードを用いたバスレフ設計となっており、側板20mm、バッフル28mmの厚さとし、内部には十分な補強策が施されています。
外観はニレの本木突き板仕上げが施されています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用スピーカー 低域用:38cmコーン型
高域用:ホーン型
周波数特性 30Hz~22kHz(SPL-10B)
最大許容入力 150W
インピーダンス
出力音圧レベル 92dB/W/m
クロスオーバー周波数 900Hz
レベルコントロール 中高域、連続可変
外形寸法 幅560x高さ950x奥行515mm
重量 59kg
<ツィーター部単体仕様>
インピーダンス
最大許容入力 60W
出力音圧レベル 104dB/W/m
カットオフ周波数 500Hz
ボイスコイル 35mm径アルミリボン線エッジワイズ巻き
マグネット 55φ-20φ-25tアルニコリング
磁束密度 12,000gauss
振動子質量 0.6g
ダイアフラムドーム部:0.17g
ボイスコイル0.26g
外形寸法 直径130φmmx奥行262mm
重量 2.7kg