オーディオの足跡

LS-3Bの画像
 解説 

オールネオジウムマグネット構成のブックシェルフ型スピーカーシステム。

低域には8inchコーン型ウーファーを搭載しています。
磁気回路にはNRT(ネオジウム・ラジアル・テクノロジー)を採用しています。
この技術はネオジウムマグネットを中心から外に向けて放射状に着磁する技術です。NRTによって着磁したネオジウムマグネットは、ボイスコイルのギャップにかかる磁束が従来のフェライトタイプに比べて大きなストロークでも均一に得られる構造となり、最大振幅時でもボイスコイルに対する磁力低下が無く、歪が発生させません。ウーファーユニットではNRT内磁型磁気回路を採用sいており、構造的に磁力の漏れが無く、マグネットはボイスコイルを駆動するギャップに強力な磁界を発生させ、大振幅時でもボイスコイルを強力に駆動してダンピングの利いた切れの良い音を実現しています。

中域には3.5inchコーン型ミッドレンジを搭載しています。
磁気回路にはウーファーと同様にNRT技術を用いたネオジウムマグネットを採用しています。

高域にはオーラサウンド独自のラインソース型ツィーターを搭載しています。
このユニットの振動板は振動帯のセンターに縦長のボイスコイルを持つ構造となっており、これをネオジウムマグネットで駆動しています。
この構造によって指向特性180度という超広角を実現しています。

ネットワーク部には12dBスロープを使用した本格的なものとなっています。また、ツィーターのハイパスのみ18dBを採用しています。

エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しています。
外観の仕上げはピアノ仕上げが施されています。

入力端子にはトライワイヤー構成を採用しています。

機種の定格
型式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:8inchコーン型
中域用:3.5inchコーン型
高域用:ラインソース型
周波数特性 32Hz~20kHz
出力音圧レベル 89dB(2.83V/1.0m)
インピーダンス
定格入力 150W
最大入力 500W
クロスオーバー周波数 240Hz、2.7kHz
外形寸法 幅254x高さ456x奥行304mm
重量 11.5kg