オーディオの足跡

288-16Gの画像
 解説 

大音響出力用の優れたクリッピングマージンとリニアリティを持つ大型ドライバーユニット。

ボイス・オブ・ザ・シアターA5にも使用されていました。

1976年頃にダイアフラムが改良され、再生音のさらなる改善を図っています。

機種の定格
型式 ドライバーユニット
周波数特性 500Hz~16kHz(1975年カタログ記載)
500Hz~15kHz(1977年カタログ記載)
インピーダンス 16Ω
許容入力 40W(1975年カタログ記載)
60W(1977年カタログ記載)
出力音圧レベル 112dB/W/m(1975年カタログ記載)
111dB/W/m(新JIS、1977年カタログ記載)
適正クロスオーバー 500Hz
ボイスコイル径 71mm
適合ホーン 311-90、311-60、329A
マルチセラーホーン
外形寸法 直径179x奥行148mm
重量 13.3kg