オーディオの足跡

Crescendoの画像
 解説 

604E、605Bのために開発されたフロア型スピーカーシステム。

クレッセンドはエレクトリが開発し、アルテックが承認して販売されたスピーカーシステムで、モニター用スピーカーとして実績のある604Eと605Bに合わせた設計がされています。

ユニットには世界中の録音スタジオなどでモニタースピーカーとして使用された38cm同軸型ユニット604E/605Bを使用しています。
これらのユニットでは高域用にマルチセラーホーンと802、806型ドライバーを使用しており、ウーファー部との同軸複合型構造とすることで定位が良く、指向性及び過渡特性に優れた音を実現しています。
605Bは604Eに準ずるユニットで、磁気回路が違うため立上り特性が若干異なります。

キャビネットにはバスレフ方式を採用しています。
また、デザインは洋室と和室の両方に合う落ち着いたものとなっています。

機種の定格
方式 2ウェイ・1スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット等 全帯域用:38cm同軸型(604E or 605B)
 低域用:38cmコーン型
 高域用:ホーン型
インピーダンス 8Ω/16Ω
再生周波数帯域 20Hz~20kHz
許容入力 35W
クロスオーバー周波数 604E:1.5kHz
605B:1.6kHz
外形寸法 幅690x高さ1,018x奥行485mm
重量 12.5kg