オーディオの足跡

846B Valenciaの画像
 解説 

846Aバレンシアの後継機にあたるフロア型スピーカーシステム。

日本国内では第2世代のバレンシアは2種類のバリエーションが販売されました。
アルテックオリジナルである846Bバレンシアは846Aとはデザインが異なり、フロントグリルに彫りの深いスリットをモチーフとして使用しています。846Eバレンシアは846Aバレンシアに準じたデザインを採用したスピーカーシステムで、キャビネットは指定の国産キャビネットをアルテック社が承認して販売されました。

ユニット構成はボイス・オブ・ザ・シアターA7-8と同一の構成となっています。
低域には38cmコーン型ウーファー416-8Aを搭載し、高域にはドライバー806-8Aとホーン811Bを組み合わせたホーン型ユニットを搭載しています。

ネットワーク部にはN801-8Aを使用しています。

キャビネットにはバスレフ方式を採用しています。

機種の定格
方式 2ウェイ・2スピーカー・バスレフ方式・フロア型
使用ユニット等 低域用:38cmコーン型(416-8A)
高域用:ホーン型(806-8A+811B)
ネットワーク:N801-8A
インピーダンス
再生周波数帯域 40Hz~20kHz
許容入力 50W(連続プログラム)
出力音圧レベル 100dB(新JIS)
クロスオーバー周波数 800Hz
外形寸法 846B:幅673x高さ752x奥行514mm
846E:幅700x高さ766x奥行480mm
重量 846B:44.9kg
846E:43.0kg