オーディオの足跡

AIWAの製品をヤフオク!で検索

AD-FF70の画像
 解説 

コンピュ・ブレインとドルビーHXプロを搭載したステレオカセットデッキ。

アクティブ・サーボ・バイアス理論を応用したドルビーHXプロを搭載しています。
ドルビーHXプロでは、中低域成分が多い時はバイアスを深く、高域成分が多い時はバイアスを浅く調整することで、トータルでの実効バイアス量を一定に保っています。これにより、ハイレベルの高域信号によって起りやすいテープの飽和現象を押さえ、クリアな録音を可能にしています。
また、ドルビーHXプロは録音時だけにのみ動作するため、どんなデッキで再生してもその効果を発揮できます。

テープの性能を引き出すため、バイアス値・録音感度・イコライザー値を自動的に設定するコンピュ・ブレイン機能を搭載しています。
コンピュ・ブレイン機能では、調整ポイントはバイアス・イコライザー・録音感度ともに各32ステップあり、約16秒で3万通りからテープに最適な値を選び出します。
また、コンピュ・ブレインで調整されたデータがノーマル・クローム・メタル別にメモリーされる3ポジション・データ・メモリを搭載しています。

メカニズム部にはスーパースタビライズドテンション・デュアルキャプスタン方式を採用しています。
デュアルキャプスタン方式では、2個のキャプスタンを装備し、それぞれをわずかにずらせて回転させることによって、カセットハーフ内のテンションむらを改善し、テープとヘッドを常に一定の力で圧着させています。
スーパースタビライズドテンション・デュアルキャプスタン方式では、さらにキャプスタンにマイクログレイン・プロセシングによる特殊な表面処理を施し、テープとキャプスタンとの間で発生するスリップを抑え、ヘッドタッチを改善しています。

テープ残量を分秒単位で表示するテープ・カウンターを搭載しています。
使用しているテープのタイプに合わせてテープレングス・スイッチを切換えることで、C-46テープからC-120テープまでの残り録音時間をカウントします。さらに、このカウンターは早送り時や巻戻し時にも動作します。

ヘッドにはDXコンビネーション3ヘッドを採用しています。

ノイズリダクションシステムとしてドルビーB・Cタイプを搭載しています。

自動消磁システムであるADMSを搭載しており、ヘッドの帯磁を防いでいます。

自動的に曲の頭を8秒間ずつ再生するイントロプレイ機能を搭載しています。

曲の頭を探すミュージックセンサー機能を搭載しています。

ピークホールド付きFLメーターを搭載しています。

再生ボリュームを搭載しています。

リピート機構を搭載しています。

キュー・レビュー機能を搭載しています。

オート/マニュアルレックミュートを搭載しています。

オートテープセレクターを搭載しています。

MPXフィルターON/OFFスイッチを搭載しています。

リモートコントローラー接続端子を搭載しています。

タイマースタンバイメカを搭載しており、外部タイマーを接続することで留守録音や目覚まし再生が可能です。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
トラック方式 4トラック2チャンネル
モーター キャプスタン用:システムサーボモーター
リール用:DCモーター
ヘッド 録音、再生:コンビネーションDXヘッド
消去:Hi-Bsダブルギャップセンダストヘッド
ワウフラッター ±0.045%(W・Peak)
0.025%(WRMS)
周波数特性
(-20VU録音/0VU録音)
ノーマルテープ:20Hz~18kHz ±3dB/20Hz~11kHz ±3dB
クロームテープ:20Hz~19kHz ±3dB/20Hz~14kHz ±3dB
メタルテープ:20Hz~20kHz ±3dB/20Hz~17kHz ±3dB
SN比(WTD、1kHz、
3%3次高調波歪率、
メタルテープ)
60dB(Dolby NR off)
68dB(Dolby B type on)
75dB(Dolby C type on)
歪率 0.9%(メタルテープ)
入力感度/インピーダンス Line:50mV/50kΩ以上
Mic:0.3mV/200Ω~10kΩ
出力レベル/インピーダンス Line:0.41V/50kΩ以上
Headphone:1.5mW/8Ω
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 33W
外形寸法 幅420x高さ110x奥行286mm
重量 5.5kg