オーディオの足跡

AIWAの製品をヤフオク!で検索

AD-F700Rの画像
 解説 

長時間番組の連続留守録音が可能なクイックリバースデッキ。

AD-F700Rでは、テープ磁性体の最後の部分を赤外線で探知する方法で、約0.4秒のクイックリバースを実現しています。一部のテープでクイックリバースが作動しない場合は、エンドリバースでテープを反転させています。
また、折り目やしわのひどいテープを使った際にその部分でリバースが働くのを防ぐため、クイックリバースキーを搭載しています。このスイッチがオンになっている場合もエンドリバースに切換わります。

往復走行の均一化を図るため、録再ヘッドの180度回転方式を採用しており、ヘッドを固定化せずにテープ反転の瞬間ヘッドも180度回転させ、往復とも正しいアジマスに保ちます。さらに、リバース瞬間の機械切換音を最小に抑えるため、フライホイールの慣性エネルギーを利用しており、静かなヘッド回転を実現しています。

録音・再生の目的や内容にあわせ、片面の録再、1往復の録再、AB両面の繰り返しエンドレス再生の合計3種類の走行モードが選べます。

キャプスタン専用にFGモーター、リール巻取り専用にDCモーターを採用したデュアルモータードライブシステムを採用しています。
また、消去ヘッドのシーソー機構を採用しています。リバースデッキでは往復用に2個の消去ヘッドを使いますが、使用しない消去ヘッドの方をシーソー・システムで後に下げ、走行に影響を与えず、フラッター成分の増加を抑えています。

録再ヘッドに飽和磁束密度が高く、耐摩耗性や高域特性に優れたセンダストガードヘッドを採用しています。また、新たにハイパボリック形状にすることでコンター効果(低域のうねり)を大幅に改善しています。
消去ヘッドにはダブルギャップセンダストヘッドを採用しています。

ロジックコントロールとプランジャーメカを採用することで、クリックタッチオペレーションを実現しています。

VUメーターと3点ピークインジケーターを搭載しています。ピークは、+10dB/+6dB/+4dBの3点LED表示となっており、+10にメタル、+6にLH、+4にCrO2テープの許容ピーク最大値を示しており、レベル調整を容易にしています。

ワンタッチテープセレクション機能を搭載しており、メタルスイッチをONにすればメタルテープ、OFFにすればLHあるいはCrO2を自動選別します。

MPXフィルターを内蔵したドルビーシステムを搭載しています。

タイマースタンバイメカを搭載しており、別売りタイマーを接続することで留守録音や目覚まし再生が可能です。

リモートコントロール端子を搭載しており、別売りのリモートコントロールユニットを接続できます。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
モーター キャプスタン用:FGサーボモーター
リール用:DCモーター
ヘッド 録音、再生:センダストガードヘッド
消去:Hi-Bsダブルギャップセンダストヘッド
ワウフラッター 0.04%(WRMS)
周波数特性
(-20VU録音/0VU録音)
LHテープ:20Hz~16kHz
CrO2:20Hz~18kHz/30Hz~8kHz +2 -3dB
Metal:20Hz~19kHz/30Hz~12.5kHz +2 -3dB
SN比(ピークレベル) 65dB(Dolby NR on、Metalテープ)
54dB(Dolby NR off、LHテープ)
歪率 0.8%(Metalテープ)
入力感度/インピーダンス Line:50mV/50kΩ
Mic:0.3mV/200Ω~10kΩ
出力レベル/インピーダンス Line:0.41V/50kΩ
Headphone:0.8mW/8Ω
早送り巻戻し時間 70秒(C-60)
オートストップ機構 純電子式フルオートストップ(ホールIC採用)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 25W
外形寸法 幅450x高さ122x奥行287mm
重量 6.1kg
別売 リモートコントロールユニット RC-11(¥5,000)