オーディオの足跡

AIWAの製品をヤフオク!で検索

AD-5600の画像
 解説 

AD-5700で得た技術やノウハウを継承して開発されたステレオカセットデッキ。

安定したテープ走行を実現するため、新しい6つのポイント(ピンチローラー、アイドラー、フライホイール、キャプスタン、ベルト、電気回路)でメカニズムと電気回路の安定化を図ったSST(Solid & Stabilized Transport)システムを採用しています。
ピンチローラーホルダー軸をメインシャーシにしっかりと固定しており、ピンチローラーとキャプスタンとの平行度が極めて正確に保たれ、常に安定したテープ走行が得られます。また、録音・再生時には必要最低限のアイドラーしか回転させない新機構になっており、不必要にワウ・フラッターを増加させる要素がありません。
フライホイールには重量270g、直径86mmの大型フライホイールを採用しており、回転エネルギーは2450g・cmとなってます。さらにキャプスタンには世界最高級のキャプスタンメーカーであるドイツのシェマーグ社製2.5mmφを使用しています。
ベルトには伝達ロスの少ない高精度仕上げの平ベルトを採用しており、安定度を高めています。
電気回路はバイアス発振回路、増幅回路にいたるまで、常に電圧を一定に保つことが出来る安定化電源からの電力を供給しており電気的安定度を高めています。

ノイズリダクションシステムとしてドルビーシステムを搭載しています。
ドルビースイッチとMPXフィルタースイッチが連動しているため、FMステレオ放送のドルビー録音時以外は、MPXフィルターoffにセットにすることにより周波数特性を向上できます。

テープセレクターはバイアスとイコライザーが独立して3段に切換えられる方式を採用しています。
クロームテープ及びフェリクロームテープの両ポジションの再生イコライザーには新DIN規格70μsecを採用しています。また、それぞれのテープ特性に応じて録音イコライザーが切り替わるため、高域でのSN比を4.5dBも改善しています。

ヘッドにはコア部とガード部に耐磨耗性に優れた超硬質フェライトを用いたフェライトガードヘッドを採用しています。

マイク/ライン独立入力機構を採用しています。マイクボリュームとラインボリュームを分離することで従来の方式に比べてSN比が10dB向上しています。また、ラインとマイクのステレオミキシングが可能です。

頭出し機構にはメモリーカウンターとクイックレビュー・キューを採用しています。

オイルダンプ式カセットアップ機構を搭載しています。

フルオートストップメカニズムを採用しています。

+6dBまで表示できるレベルメーターを搭載しています。

テープとテープカウンターの照明ランプを搭載しています。

テープランニングランプにはLEDを採用しています。

Record、Dolby NR、Memory、Pauseの表示ランプを搭載しています。

着脱自在のフリーストップ式ダストカバーが付属しています。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
トラック方式 4トラック2チャンネル
周波数特性
(MPXフィルターoff)
LHテープ:30Hz~14kHz
FeCrテープ:30Hz~17kHz
CrO2テープ:30Hz~17kHz
SN比 60dB(ドルビーNR on、FeCr、CrO2テープ)
64dB(ドルビーNR on、FeCrテープ、ピークレベル、※1976年記載)
ワウフラッター 0.07%(WRMS)
テープ速度 4.8cm/s
早送り、巻戻し時間 90秒(C-60)
録音方式 ACバイアス
消去方式 AC消去
駆動モーター ACシンクロナスモーター
ヘッド FG(フェライトガード)ヘッド
入力感度/インピーダンス Line:50mV/50kΩ以上
Din:0.1mV/kΩ(25kΩ)
Mic:0.25mV/200Ω~10kΩ適合
出力レベル/インピーダンス Line:0.775V(0VU)/50kΩ以上適合
Din:0.775V(0VU)/50kΩ以上適合
ヘッドホン:8Ω
使用半導体 FET:2個
トランジスタ:34個
ダイオード:23個
バリスタ:3個
LED:1個
電源 AC100V、50Hzまたは60Hz
消費電力 15W
外形寸法 幅419x高さ152x奥行295mm(ダストカバー含む)
重量 6.2kg(ダストカバー含む)
付属 ダストカバー
ヘッドクリーニング棒
接続コード