オーディオの足跡

AIWAの製品をヤフオク!で検索

AD-4200の画像
 解説 

20度傾斜のスラントパネルを採用することで安定性と使いやすさの両立を図ったカセットデッキ。

タイマースタンバイメカを採用しており、タイマーを接続してデッキを録音スタンバイ状態にセットしておけば、希望の時間に自動的に録音を開始します。また、スタンバイメカは再生状態でもしようできるため、録音済みテープによる目覚まし再生も可能です。
スタンバイ状態ではピンチローラーとキャプスタンは離れており、ピンチローラーの変形を防いでいます。

テープセレクターにはバイアスとイコライザーが独立で3段に切換えられるタイプを採用しています。

ノイズリダクションシステムとしてドルビーシステムを搭載しています。

カセットイジェクトには老いるダンプメカニズムを採用しており、操作性を重視しています。
また、カセット蓋はスライド方式を採用しており、イジェクトボタンを押すと上にスライドして開き、蓋を閉じればテープがセットされる構造になっています。

録音ボリュームとは別に、左右独立の再生専用ボリュームを搭載しています。

録音・再生・早送り・巻戻しのいずれのモードからでも、テープが終わるとメカが停止するフルオートストップメカニズムを採用しています。

VUメーターを搭載しています。

テープの頭だしに便利なクイックレビュー・キュー機能を搭載しています。

録音時のSN比を改善するライン入力とマイク入力の自動切換え機構を搭載しています。

機種の定格
型式 ステレオカセットデッキ
トラック方式 4トラック2チャンネル
周波数特性 LHテープ:30Hz~14kHz
FeCrテープ:30Hz~16kHz
CrO2テープ:30Hz~16kHz
SN比(ピークレベル) 62dB(Dolby NR on、FeCrテープ)
ワウフラッター 0.09%(WRMS)
テープ速度 4.8cm/s
早送り、巻戻し時間 80秒(C-60)
録音方式 ACバイアス
消去方式 AC消去
入力感度/インピーダンス Line:50mV/50kΩ以上
Din:0.1mV/kΩ(3kΩ)
Mic:0.3mV/200Ω~10kΩ適合
出力レベル/インピーダンス Line:0.775V/50kΩ以上適合
Din:0.775V/50kΩ以上適合
ヘッドホン:8Ω
使用半導体 IC:2個
トランジスタ:17個
ダイオード:10個
LED:2個
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 10W
外形寸法 幅388x高さ130x奥行275mm
重量 4kg
付属 ヘッドクリーニング棒
接続コード