オーディオの足跡
    
 
2015東京インターナショナルオーディオショウ
株式会社ディーアンドエムホールディングス(マランツ)
audioquest、Bowers & Wilkins、Classe、marantz
  

その2

802D3と803D3の音の比較です。
録音している座席の位置が異なったり、803D3は途中からだったり音切れしたりしていますが、だいたい分かるかと思います。
803D3の音です。
802D3の音です。

805D3

803D3の時に紹介されていた底面パネルの裏です。

メイン機器にはいつもの機種が使用されていました。

内部です。

その他の展示物です

SA-11S3

PM-11S3

M-CR611とCM1S2

D3シリーズのユニットと旧モデルのケブラー使用ユニット

805D3のネットワーク(左)と804D3のネットワーク(右)

オーディオクエストの製品はガラスショーケースで展示されていました。

メーカーホームページ
 マランツ
 B&W