オーディオの足跡
    
 
2015東京インターナショナルオーディオショウ
今井商事株式会社
ALR/Jordan、Audience、BC Acoustique、Burson Audio、CANOR Audio、Convergent Audio Technology
Densen Audio Technologies、Mytek Digital、Vicoustic、Vitavox
  


ブースの全景です。

スピーカーにはALR/JordanのNote9とaudienceの1+1を使用していました。
スピーカーの後ろにある円柱状の物はVicousticの低域調整用柱 Vari Baseで50〜100Hzの間の低音域を吸収しているとのこと。

audienceの1+1のアップ。
前後に搭載した小型フルレンジユニットで左右のパッシブラジエーターを駆動しています。

アンプにはConvergent Audio TechnologyのJL5 Signatureを使用していました。

DAC/プリアンプにはMytek DigitalのManhattan DAC/プリアンプを使用していました。
下にあるDACはMytek DigitalのStereo 192 DSD Mです。

その他の展示機器

audienceのスピーカーシステム The One
3インチユニットとパッシブラジエーターで構成されています。

CANOR Audioのプリメインアンプ TP134

DENSENのフラグシップモデル。
左上:プリアンプ&セパレートパワーサプライ B-275
右上:CDプレイヤー B-440
中段:モノラルパワーアンプ B-350
下段:フォノイコライザー DP4 Drive

DENSENの製品。
上段左から:インテグレーテッドアンプ B-110、CDプレイヤー B-410
中段左から:プリアンプ B-200、CDプレイヤー B-420
下段:ステレオパワーアンプ B-320

BC AcoustiqueのB-1と、ALR/JordanのClassic5、Classic2

メーカーホームページ
 今井商事