オーディオの足跡
    
 
第31回 オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ 2014
パイオニアホームエレクトロニクス株式会社
Pioneer、TAD

パイオニアのブースではTADで組まれたシステムとホームシアターシステム、その他数点が展示されていました。

スピーカー:TAD TAD-R1mk2
CDP:TAD D1000
プリ:TAD C600
パワー:TAD M600x2

C600とD1000。仕上げが結構違います。

システムの背面。C600の電源部は吸音パネルの裏(写真左)に納められています。

ホームシアターシステム
フロント:Pioneer S-3EX
リア:Pioneer S-3EX-T(S-3EXの色違いです)
センター:Pioneer S-8EX
サブウーファー:S-W1EX
プロジェクター:JVC製(型番確認忘れました)
S-1EXも端に置いてあったので、試聴会によって変えていたと思われます。

ホームシアターシステム(プレイヤー側)
AVアンプ:Pioneer SC-LX87
BDP:Pioneer BDP-LX55

AVアンプが後ろ向きに展示されていました。端子の多いAVアンプなので良いですね。
左からSC-LX87、SC-LX77、SC-LX57になります。

SC-LX87の上にはパワーアンプ基板を載せていました。
奥側のコンデンサはニチコンのMUSE KWっぽいです。

SC-LX77の上にはデジタル回路基板が載せてありました。
この基板は同軸端子が金メッキされているのでSC-LX87のものかと思います。

その2に続きます。