オーディオの足跡
    
 
第31回 オーディオフェスタ・イン・ナゴヤ 2014
株式会社メース
協賛出展: ハーマンインターナショナル株式会社、エムプラスコンセプト、オルトフォンジャパン株式会社
協同電子エンジニアリング株式会社、関口機械販売株式会社、株式会社CSE、KISO ACOUSTIC株式会社
ジェーエイアイ株式会社、西華デジタルイメージ株式会社、サエク・コマース株式会社
JBL、Mark Levinson、AKG、Harman/Kardon、Harbeth、Ortofon、Acoustic Solid、Phasemation、Acoustic Revive、CSE、
Kiso Acoustic、Shizuka、SAEC、SUPRA、HRT、Camelot Technology、Glass-Audio Desk System、Stein Music、German Maestro
 
その2
 

展示用ブースの様子。各社の製品が並べられています。

Mプラスコンセプトの取り扱っているハーベススピーカーが展示されています。

フェーズテック/フェーズメーションの製品

MA-1000とEA-1000

MA-1000もう一台とCM-3など。

オーディオフェスタ・イン・ナゴヤが初お披露目となったフォノアンプEA-300。
話によるとフェスタ直前に完成したばかりとのこと。
まだエージングが完了していないため展示ブースでも通電し続けている状態でした。


ブースでは一部機器の内部が写真で展示されていました。

ORB製品が展示されていました。

アコースティックリヴァイヴの製品

その3に続きます。