オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

T-9の画像
 解説 

ウルトラリニア・ダイレクトディテクタなどのヤマハの技術を投入したFMステレオチューナー。

基本的な構成は、ローゲイン・アンチサチュエーション・フロントエンド、ユニレゾナンスセラミックフィルタによるSuper DX付きAuto DX IF、ウルトラリニアダイレクトディテクタ、C-MOS DC NFB+アンチインタフェアレンスPLL+トラッキングサーボパイロットキャンセル回路によるリアルタイムダイレクト・デコーダー、低歪率オープンロードタイプノルトン変換型ローパスフィルタとなっています。
さらに、音質・受信性能と使い勝手の良さを両立させた、デジタルシンセサイズドメモリによるモータードライブ10局プリセットチューニング回路を搭載しています。

フロントエンドには高精度ワイドギャップ5連バリコンとデュアルゲートMOS FETを採用し、アンテナ回路と段間をダブルチューンにして各種妨害排除能力の向上を計っています。さらにRFアンプにはアンチサチュレーション回路を付加し、強電界では高選択度受信を、弱電界では高感度化によってステレオサービスエリアを拡大しています。

IF段は、ヤマハ独自の微分利得直視解析法の導入によって妨害排除特性とオーディオ特性の両立を実現した低損失のユニレゾナンスセラミックフィルタとC-MOS ICを含むリミッタ特性に優れた高性能IFアンプとで構成されています。
また、受信する電波環境に合わせて適切な動作をさせられるように妨害検出型のAuto DX回路をもつLocal-DXの2系統に加え、200kHzの実効選択度向上を計るためSuper DXポジションを装備しています。

Local IF段は、低損失のユニレゾナンスセラミックフィルタ2素子とTr2段+C-MOS IC1段+7段差動増幅器で構成されており、30dBという選択度を確保しつつ優れたオーディオ特性を実現しています。
DX IF段は、ユニレゾナンスセラミックフィルタとTr3段+C-MOS IC2段+7段差動増幅器で構成されており、実効選択度80dBを獲得しています。

検波段にはウルトラリニア・ダイレクトディテクタを搭載しています。
ウルトラリニア・ダイレクトディテクタは、ワイドレンジ・リニアフェイズディテクタをよりワイドレンジ化・低歪率化・高SN化したもので、さらにDCスタビライザを装備しています。この回路はFM100%変調時に相当する帯域幅150kHz(P-P)に対して1200kHz(P-P)という広い帯域にわたってリニアな検波特性を持っており、帯域内での微分利得偏差も極めて少ない優れた回路となっています。
また、10.7MHzのIF信号をダイレクトに検波しているため、一度ビートダウンした1〜2MHzを検波してフィルタ類を通すパルスカウントディテクタに比べて5〜10倍の伝送能力を持っています。このため、復調周波数特性も、パルスカウントのDC〜140kHzに対し、DC〜1400kHzと10倍の広帯域となっています。

MPX段には新開発のリアルタイム・ダイレクトデコーダーを搭載しています。
この回路では、トラッキングタイプパイロットピュアキャンセル回路やアンチインタフェアレンスPLLシステムに加え、時間領域での特性を大幅に改善したC-MOS・DC・NFBスイッチング回路を採用しており、パイロットキャンセル回路にもトラッキングサーボパイロットキャンセル回路を採用しています。
このリアルタイム・ダイレクトデコーダーは、NFBスイッチング平均値復調方式をC-MOS双方向アナログスイッチと120V/μSのヤマハオリジナル・ハイスルーレイトDCアンプICとの組み合わせでリファインした構造となっています。一対のC-MOS双方向アナログスイッチと対称オープンコレクタタイプのハイスルーレイトDC NFBアンプとで片チャンネル分のNFBスイッチング回路を形成し、それを左右それぞれ使用したシンプルな完全バランス構成のステレオデコーダーとなっています。

19kHzのパイロット信号を同調幅逆相のサイン波を用いてスイッチング回路の入力でキャンセルするため、トラッキングサーボパイロットピュアキャンセル回路を搭載しています。
この回路はTシリーズに採用されたトラッキングタイプのパイロットキャンセル回路に強力なサーボをかけたもので、放送局によってパイロットレベルが異なる場合でもレベル追従し、パイロット信号をデコーダーに入る前にキャンセルします。

19kHzのパイロット信号からコンポジット信号を復調するのに必要な38kHzのサブキャリアを発生するPLL回路には、入力に同調型の妨害除去フィルタを付加し、ステレオ音声信号によるサブキャリアの乱れが極めて少ないAnti interference PLL Systemを採用しています。

ローパスフィルターには3ポールのオープンロードタイプノルトン変換型ローパスフィルターを採用しています。
このフィルターは通常のフィルターに比べて歪が非常に少なく、しかもステレオ復調時に生じる不要なサイドバンド波をシャープにカットできます。

プリセットチューニング機能としてモータードライブプリセットチューニングシステムを搭載しています。
この回路では、プリセットしたい局の受信周波数に対応するバリコンの回転角度を1024分の1(10bit)の分解能でデジタル値に変換して記憶させています。選局時に希望する局のキーを押すと、メモリされている10bitのデジタル値を呼び出し、回転角度に対応したアナログ信号に変換されます。このアナログ信号とバリコンの回転角度信号をサーボモーター回路で比較し、その差がゼロになるようにバリコンの回転角をコントロールしています。この動作が終わると同時にサーボモーター回路への制御信号はIF回路からの中心周波数に対応したセンターチューニング信号に切り換り、この信号によって再度バリコンを補正ドライブして最適同調点にセットして止まります。
この後ミューティングゲートが開きOTS機構が正しい同調点を維持します。

MUTE/OTSスイッチON時の選局中はAFCがOFFになり、同調後は正しい同調点に自動的に局発周波数をロックするOTS(Optimum Tuning System)が働きます。
また、同調後にチューニングツマミから手を離すとチューニングインジケーターのグリーンのLEDが明るさを増して、局発がロックされたことを表示します。

デュアルモードシグナルクオリティメーターを搭載しています。
このメーターは、受信時に10〜100dBfまでの電界強度を読み取ることのできるシグナル強度メーターとしての機能と、MUTE/OTSスイッチをOFF/Multipathにするとマルチパスの有無が解るマルチパスインジケーターとしての機能を持っています。

オプティカルバランス型チューニングメーターを採用しています。
このチューニングメーターは、ダイアル指針である赤いLEDを挟んで左右にグリーンのLEDを配したもので、このグリーンLEDの明るさが一致した時に正確に同調したことを示します。

ダブルAuto-Blend回路を搭載しており、隣接局妨害によって発生するビートを取り除くビートサプレッサを改善してステレオ包装でのノイズ成分を減少させています。
この回路はAuto-DX回路と連動して自動的にコントロールされているため、ステレオサービスエリアが大幅に拡大されています。

金メッキ処理が施された固定出力端子と可変出力端子を搭載しています。

Rec Cal回路を搭載しています。

機種の定格
型式 FMステレオチューナー
受信周波数 76MHz〜90MHz
50dBSN感度 mono:3.2μV(15.3dBf、DXポジション)
stereo:20μV(31.2dBf、Super DX Blend on)
     38μV(36.8dBf、DX Blend off)
実用感度
(IHF、mono、84MHz)
300Ω:1.8μV(10.3dBf)
75Ω:0.9μV(10.3dBf)
イメージ妨害比(84MHz) 120dB
IF妨害比(84MHz) 120dB
スプリアス妨害比(84MHz) 120dB
AM抑圧比(IHF) 68dB
実効選択度
±400kHz Local/DX:30dB/80dB
Super DX:100dB
±200kHz DX/Super DX:18dB/30dB
SN比 mono:92dB
stereo:85dB
全高調波歪率
Local DX
mono 100Hz:
1kHz:
6kHz:
10kHz:
0.02%
0.03%
0.05%
0.03%
0.08%
0.15%
0.3%
0.08%
stereo 100Hz:
1kHz:
6kHz:
10kHz:
0.04%
0.04%
0.06%
0.07%
0.5%
0.4%
0.6%
0.8%
IM(混変調)歪率(IHF)
Local DX
mono:
stereo:
0.03%
0.04%
0.10%
0.4%
ステレオセパレーション
Local DX
1kHz:
20Hz〜10kHz:
60dB
55dB
38dB
30dB
周波数特性 50Hz〜10kHz ±0.3dB
20Hz〜15kHz +0.3 -0.5dB
サブキャリア抑圧比 75dB
ミューティングレベル 5μV(19.2dBf)
Auto-DX動作レベル 50μV(19.2dBf)
出力レベル/インピーダンス
FM(100%変調、1kHz)Fixed:

Variable:
1V/600Ω(Volume max)
500mV/3.3kΩ(Volume center)
1V/600Ω
Rec Cal信号
(333Hz、FM50%変調相当)
Fixed:500mV/600Ω
Variable:250mV/3.3kΩ(Volume center)
付属機構 DCサーボモーターによる10局プリセット選局機構
スタティック点灯によるデジタルリードアウト
RXモード切換え(Auto-DX、Super DX)
FMミューティング&OTS
デュアルモードシグナルクォリティメーター
オプティカルバランスタイプ・センターチューニングインジケーター
ダブルオートブレンド
レコーディングキャリブレータ
使用半導体 IC:23個
FET:11個
トランジスタ:92個
ダイオード:38個
LED:15個
ツェナーダイオード:3個
セラミックフィルタ:7個
水晶振動子:1個
ニッカド電池:1個
ACアウトレット 1系統(300W max)
電源 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 16W
外形寸法 幅460×高さ95×奥行335.5mm
重量 6.2kg