オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CT-7000の画像
 解説 

全てに世界最高の特性をマークすることを前提に設計されたFMステレオチューナー。

CT-7000の開発では従来の測定器の限界を超えるレベルに挑戦するため、まず特別仕様の各種測定器を開発することから始め、新しい高周波技術で完成されています。

フロントエンドは7連バリコンとデュアルゲートMOS FETを使用しています。
 また、微分利得特性を改善したブロックフィルタと7段差動増幅帯域2段切換のIF回路、微分利得偏差を最小に抑えたデュスクリミネータ、ヤマハ独自のNFBスイッチング方式によるMPXとディスクロートで構成されたPLLサブキャリア発生回路などの回路で構成されています。

機種の定格
型式 FMステレオチューナー
受信感度(IHF84MHz) 2.0μV
イメージ妨害比(84MHz) 120dB
IF妨害比(84MHz) 120dB
スプリアス妨害比(84MHz) 120dB
キャプチャーレシオ Normal:1.0dB
Wide:0.7dB
実効選択度(IHF) 85dB
SN比 mono:78dB
stereo:75dB
全高調波歪率
mono(400Hz) Normal:
Wide:
stereo(400Hz) Normal:
Wide:
0.06%
0.04%
0.06%
0.04%
ステレオセパレーション(400Hz) 50dB
周波数特性 30Hz〜15kHz +0.5 -1dB
サブキャリア抑圧比 70dB
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 23W
外形寸法 幅436×高さ144.5×奥行352mm
重量 13.0kg