オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

NS-590の画像
 解説 

FX-1やNS-890などのヤマハのダイナミックでブライトな部分を代表するスピーカーとして開発された、ブックシェルフ型スピーカーシステム。

低域には30cmコーン型ウーファーを搭載しています。
コーン部は、パルプの叩解から抄き上げ、プレスによって分割振動を抑えるためにコルゲーション入りのコニカルタイプに仕上げられています。銅リボン線エッジワイズ巻きのロングボイスコイルと、材質や含浸剤に検討を加えたダンパーと相まって、大入力時のリニアリティを改善しています。
また、磁気回路には120φmm・2.3kgのフェライトマグネットを採用し、磁束密度12,000gauss、総磁束140,900maxwellを得ています。さらに、センターポールには磁気歪の発生を低減する銅キャップを被せて、3次高調波歪を低減しています。
さらに、フレームには頑丈なアルミダイキャストを採用しています。

中域には12cmコーン型スコーカーを搭載しています。
コーン紙にはヒアリングによって厳選した材料を使用しており、ボイスコイルは耐熱処理を施した占積率の良い銅リボン線を巻いたもので、過大入力に対しても十分な安定度を確保しています。
磁気回路には100φmm・1.3kgで総磁束14,000gauss、総磁束75,000maxwellのフェライトマグネットを採用しています。
ウーファー同様にアルミダイキャストフレームを採用し、しっかりとバッフルに固定しています。

高域にはベリリウム振動板を用いた3cmドーム型トゥイーターを搭載しています。
半導体製造技術に用いられる電子ビーム真空蒸着法を応用した新しいシステムによってベリリウム振動板を実現しており、ベリリウムの純度も99.99%と極めて高純度なものとなっています。
このドーム型ベリリウム振動板に、耐熱処理を施したアルミリボン線エッジワイズ巻ボイスコイルを直結し、粘弾性樹脂と熱硬化性樹脂を二重コーティングした特殊繊維のタンジェンシャルエッジでサポートしています。
磁気回路には、磁束密度14,500gausss、総磁束20,950maxwellのフェライトマグネットを採用しています。

ネットワークのクロスオーバー周波数は電気的な特性によるチェックだけでなく、聴感によるカットアンドトライにより決められています。
コイルは珪素鋼板入りボビンに、直流抵抗の少ないホールマール線を巻いています。また、コイル同士の相互インダクタンスを少なくするため、お互いを直角に適当な距離をもって配置しています。
また、コンデンサには聴感特性の優れたMPコンデンサを採用しています。

トゥイーターとスコーカーには連続可変タイプのレベルコントロールを搭載しています。

エンクロージャーは完全密閉構造のブックシェルフ型で、表面はシャイニーオーク仕上げとなっています。
素材には全面同一のパーティクルボードを使用しています。

機種の定格
方式 3ウェイ・3スピーカー・密閉方式・ブックシェルフ型
使用ユニット 低域用:30cmコーン型(JA-3064)
中域用:12cmコーン型(JA-1204)
高域用:3cmドーム型(JA-0522)
再生周波数帯域 40Hz〜20kHz
クロスオーバー周波数 700Hz、6kHz(12dB/oct)
最低共振周波数 45Hz
インピーダンス
出力音圧レベル 91dB/W/m
最大許容入力 70W
定格入力 35W
レベルコントロール 中域、高域連続可変
外形寸法 幅370×高さ665×奥行315.5mm
重量 23.5kg