オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

KX-W500の画像
 解説 

フルコンポサイズのダブルリバースデッキ。

ノイズリダクションシステムとしてドルビーBとドルビーCの2つのノイズリダクションを搭載しています。

マニュアルリバース、オートリバース、オートリバースリピートの計3種類のリバースモードを搭載しています。
マニュアルリバースでは片面だけを録音・再生します。オートリバースでは1回だけ往復録音・再生をします。オートリバースリピートでは、デッキA、Bとも各8回まで再生可能でで、デッキAからBへのリレー再生も可能です。

ダビングはワンタッチで行え、スイッチ1つでデッキAとBがシンクロスタートします。
モードはNormal(定速)とHigh(倍速)の2タイプで、曲を聴きながらのダビングと所要時間が1/2のスピードダビングが可能です。

ヘッド部にはフォトセンサー方式のオプティカルクイックリバース機構を採用しています。
この方式ではフォトセンサーがリーダーテープの始まりを感知して反転するため、A/B面連続の長時間録音も可能です。

前後1曲の頭出しが可能なミュージックサーチを搭載しています。

レックリターン機能を搭載しており、録音中にダイレクトに巻戻し操作を行うと、テープを録音開始点まで巻き戻して自動的に停止します。

録音中にワンタッチで4秒のブランクを作れるオートレックミュートをデッキAに搭載しています。

LEDを用いたピークレベルメーターを搭載しています。

ヘッドホン出力を搭載しています。

別売のリモートコントローラーRS-KW5を接続することで、離れた場所からの操作が可能です。

機種の定格
型式 カセットデッキ
テープ録再方式 オートリバースステレオダブル
デッキA:録再
デッキB:再生
ヘッド 録音・消去一体ロータリーヘッド
デッキA録再:ハードパーマロイ
     消去:ダブルギャップフェライト
デッキB再生:ハードパーマロイロータリーヘッド
モーター キャプスタン用:DCサーボモーター
リール用:DCモーター
ワウフラッター 0.08%以下(JIS、W.RMS)
SN比 72dB(ドルビーC on)
周波数特性 20Hz〜15kHz ±3dB(ノーマル)
20Hz〜16kHz ±3dB(クローム)
20Hz〜16kHz ±3dB(メタル)
総合歪率 1%
チャンネルセパレーション 40dB
入力感度/インピーダンス Line:50mV/50kΩ
出力レベル/インピーダンス Line:360mV/1.2kΩ
Headphone:0.3mW/8Ω
消費電力 15W
外形寸法 幅435×高さ112×奥行271.5mm
重量 5.0kg
別売 リモートコントロールユニット RS-KW5(\6,800)