オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

GT-1000の画像
 解説 

GT-2000で得られた技術を継承し、ハイC/P化を図ったレコードプレイヤー。

ターンテーブルには36cm径で重量3kgのアルミダイキャスト製高精度ターンテーブルを採用しています。吸着性のよい400gのSBR製シートと相まって、慣性質量600kg/cm2を実現しています。

駆動部には起動トルク1.2kg・cmのDCコアレスホールモーターを用いたダイレクトドライブ方式を採用しています。さらにクォーツPLL方式を採用することで、水晶発振レベルの20ppm以下の回転精度を実現しています。
ターンテーブルを支えるモーターシャフトには10mm径のものを採用しています。

アーム支持には仮想一点支持ジンバルサポートアームを採用してます。この方式は、ピボットをアンギュラーコンタクトベアリングで受け、そのベアリングはゴムブッシュで支えるという構造となっており、ガタの排除と水平・垂直初動感度7mgを実現しています。
アームはアルミ製のS字型ライトヘビーアームで、262mmの実効長を持つロングアームとすることでS字のウネリを小さくでき、水平トラッキングエラーも狭い範囲に抑えています。
アンチスケーティング機構には糸吊り式のものを採用しています。

アームベースには亜鉛ダイキャストを採用してます。

キャビネットには、20mm厚の底板1枚を含む高密度パーチクルボードの5層積層構造を用いた115mm厚、自重13.4kgのキャビネットを採用しています。


別売オプションとして、GT-2000Xに採用されたトーンアームYSA-1や、限定生産されたストレートアームYSA-2を装備できます。

非接触光学式のオートリフタYAL-1を使用できます。

アンカーブロックYAB-1を使用できます。
YAB-1は1セット2個のダンベルウェイトを鉄棒で連結して使用するもので、1セット32kgの重量を誇ります。
さらに、高さ調整機構付きスプリング・ラバー複合型フィートが付属しており、GTシリーズ以外のプレイヤーにも使用することができます。

ディスクスタビライザYDS-3が使用できます。
YDS-3は真鍮削りだしの金属部とアフリカンパドックの木部との二重構造になっており、両部を使い分けることで音色の変化が楽しめます。

74mmφ×34mmのアルミ・真鍮複合型のディスクスタビライザYDS-8が使用できます。

ピンポイントブロックYPB-1が使用できます。
YPB-1は真鍮削り出しのピンポイントブロックで、GTプレイヤーやスピーカー、アンプを点で支えることができます。

ディスクスタビライザYDS-1が使用できます。
YDS-1は黄銅削り出しの盤を用いた電動ポンプ式レコード吸着システムで、原理的にレコード重量が4.5kgまで増加したのと等価の威力を発揮できます。

機種の定格
型式 レコードプレイヤー
アーム型式 スタティックバランス型S字アーム
アームシャフト 27mmφ
アーム実効長 262mm
アーム初動感度 7mg(水平・垂直)
適用カートリッジ自重範囲 3g〜12g(付属シェル14g使用時)
アームサポート 仮想一点支持ジンバルサポート方式
駆動方式 ダイレクトドライブ
サーボ方式 クォーツPLL方式
モーター DCコアレスホールモーター
ターンテーブル 36cmアルミダイカスト製、3kg
慣性モーメント 600kg/cm2
ワウフラッター 0.006%以下(FG直読)
SN比 82dB(DIN-B)
キャビネット 5層高密度パーチクルボード
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 5W
外形寸法 幅532×高さ220×奥行388mm
重量 22.0kg
別売 オートリフタ YAL-1(\9,000)
ディスクスタビライザー YDS-1(\60,000)
トーンアーム YSA-1(\40,000)
トーンアーム YSA-2(限定生産品、\60,000)
別売:アンカーブロック YAB-1(\90,000)
重量 32kg
別売:ディスクスタビライザー YDS-3(\8,500)
外形寸法 直径70×高さ32mm
重量 680g
別売:ディスクスタビライザー YDS-8
外形寸法 直径74×高さ34mm
重量 850g
別売:ピンポイントブロック YPB-1(4個1組、\30,000)
重量 1.5kg(1個)