オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CD-1a
 解説 

CD-1をベースに、音質、機能、操作性の全てにわたってリファインしたCDプレイヤー。

ハイプレシジョン・1ビーム方式の光ヘッドを採用しています。
高域特性の劣化が少ない1ビーム方式光ヘッドは、位相検出型のトラッキングサーボやヤマハオリジナルの利得切換フォーカスサーボなどによってトレース能力を得ています。また、アウトフォーカスしても自動復帰するオートロック付きで高精度なトレースを実現しています。

D/A変換部には左右独立のツインD/Aコンバーターを採用しています。これにより左右チャンネルが同位相で復調され、より正確な変換を実現しています。

ローパスフィルターには、高品質ポリプロピレン・フィルムコンデンサを用いた11次の高精度フィルターを採用しています。
20kHz以上を急峻にカットするとともに、位相補正カイロを装備することで音質と特性の両立を図っています。

電源回路にはアナログ回路とデジタル回路の相互干渉を排除するためセパレート電源方式を採用しており、音質への影響が大きいD/Aコンバーターとアナログ系に、ローノイズの電力を供給しています。
また、高性能ラインフィルタを採用することで、デジタルノイズがCD-1a自身や周辺機器に影響しないよう注意が払われています。

10キー方式と4子のマイコンを搭載することでキー操作の自由度を向上させています。
これにより、素早い選曲やプログラム再生、モニターワンタッチフレーズ区間設定、フレーズ区間アジャスト、モニター設定フレーズの転送、フェーズ再生のフェードイン&アウトといった操作が可能です。
さらに、スキップ再生やモニターサーチ、Spaceセット、リピート再生、タイム表示などが可能です。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
ディスクローディング方式 モーター駆動水平ローディング
ピックアップ 半導体レーザー1ビームタイプ
クロック再生 ダイレクトPLL方式
フォーカス制御 オートロック付利得切換えサーボ
トラッキング制御 位相検出型高利得サーボ
変調方式 EFM
エラー訂正 CIRCのC1、C2の2重エラー訂正方式
D/A変換 16ビット・リニア変換ツインコンバーター方式L/R同位相復調
曲の頭出し リードインデータ参照式高速サーチ
周波数特性 5Hz〜20kHz +0.3 -0.5dB
歪率 0.0025%以下(1kHz)
ダイナミックレンジ 95dB以上
ワウフラッター 測定限界以下
出力レベル 2Vrms(最大出力)
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 36W
外形寸法 幅435×高さ116.5×奥行357mm
重量 11.7kg