オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CD-1000の画像
 解説 

CD-2000で採用された技術を投入して開発されたCDプレイヤー。

従来より微細化し、2μmルールにすることで回路の集積度を上げた新設計のLSIを採用しています。
デジタルフィルター組込みの信号処理用LSIはN-MOSタイプで、インターリーブ復調、誤り検出、誤り訂正などを含む各種デジタル信号処理を一つにまとめた構造となっています。
また、サーボコントロール用LSIは、高速処理が可能で消費電力の少ないC-MOSタイプとなっており、光ヘッドを含む各種サーボコントロールをはじめ、EFM信号やサブコードの復調といった信号処理を行い、外乱等の影響を排除して高信頼のディスク制御を叶にしています。

2倍オーバーサンプリングのデジタルフィルターを搭載しており、44.1kHzでサンプリングされているCDの信号を2倍の88.2kHzにすることでアナログローパスフィルターの負担を軽減しています。
また、アナログローパスフィルターは5次バターワース型アクティブフィルタで構成されており、位相特性の急峻な変化を抑えて素直な特性を獲得しています。また、アナログローパスフィルターには良質のコンデンサを厳選して使用しています。

光ヘッド部には3ビーム方式を採用しています。この方式では3本のビームを斜めに照射し、先行のビームと後行のビームとの誤差を検出して精密な高速サーボをかけています。
さらにNew ALPC回路を搭載しており、ディスクからの反射光量を自動的に制御することで安定した読取りを可能にしています。

光ヘッド&モーター部や電源部から発生する微小振動による悪影響がオーディオ回路部に及ぶのを防ぐためVMスタビライザを搭載しています。
VMスタビライザでは、PCボードのオーディオ回路部を頑丈に固定することで、駆動メカニズム部から発生する振動や、電源トランス等の振動がオーディオ部に進入するのを防いでいます。また、VMスタビライザはオーディオ基板の裏面を覆うようになっており、空間を伝播するノイズからのシールド効果も得ています。

筐体の剛性を高めるため、底板のプレートに加えて基板部のベースにもう1枚のプレートを重ね合わせた2重構造のダブルボトムを採用しています。さらに、4つの脚部には重りを加えた大型のヘビーインシュレーターを採用sいています。

12曲ランダムプログラム選局やインデックスサーチ、スペースインサート、リメイニングタイム表示などの機能を搭載しています。

6桁FL管ディスプレイを搭載しています。

ワイヤレスリモコンが付属しています。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
光ヘッド 3ビームレーザー・軸スライド型
フィルター デジタルフィルター
5次アナログ・バターワース型アクティブフィルター
周波数特性 2Hz〜20kHz ±0.5dB
高調波歪率 0.0025%(1kHz、EIAJ)
SN比 102dB(EIAJ)
ダイナミックレンジ 97dB(EIAJ)
チャンネルセパレーション 95dB(1kHz)
ワウフラッター 測定限界以下
出力電圧 2Vrms
機能 12曲ランダムプログラム
インデックスサーチ
リピート(全曲・プログラム曲・A-B間)
外形寸法 幅435×高さ100×奥行290mm
重量 7.2kg
付属 ワイヤレスリモコン