オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CD-1の画像
 解説 

ヤマハが発売したCDプレイヤー1号機。

ディスク信号面にピントを合わせ続けるためのフォーカス制御には、ヤマハオリジナルのハイブリッドICを用いた校則レスポンスが可能な利得切換えサーボ方式を採用しています。
万一アウトフォーカスしても即時に自動復帰するオートロック付きで、ディスク面に対して±2ミクロン以内で追随します。
また、極小のピット列上を正確に追随するため、ヤマハオリジナルの位相検出型高利得サーボを搭載しており、±0.2ミクロンの高精度でトレースし、高域特性の劣化が無い高性能1ビーム方式光ヘッドと相まって、エラー発生を少なく抑えてます。

読取りエラーの訂正には、2重エラー訂正回路を搭載しています。
さらに、訂正ミスによるノイズ発生を防止するため、訂正が正しいかどうかを常時チェックする回路も搭載しており、安定したトレースと再生を実現しています。

D/Aコンバーターは、16ビットリニア変換方式とした上、独自のツイン構成を採用しています。
左右の振り分けはデジタル段階で処理するため、アナログ信号をスイッチングする必要がなく、音のクオリティを向上させて正確なL/R同位相復調を可能にしています。

音質への影響が大きいローパスフィルターには、タンタル薄膜コンデンサとタンタル金属薄膜抵抗を採用しています。
また、デジタル系の有害なノイズがアナログ系に影響するのを防ぐため、アナログ回路系を完全シールドしています。

電源部には回路内外の有害なノンリニアの影響を受けない、ヤマハ独自のピュアカレントダム方式を採用しています。さらに、デジタル系とアナログ系を分離したセパレート電源とすることで相互干渉を防止しています。
また、デジタルノイズが電源を経由して影響するのを防ぐため、電源部にはラインフィルタを採用してノイズをカットしています。

プラスチックケミコンやマイラーフィルムコンデンサなどのクオリティパーツを採用しています。

ディスクのローディングには水平フロントローディング方式を採用しています。
また、ディスク信号面が見える独自のディスクビュー方式となっています。

操作系は、ディスク演奏部を左側のトレイに、プログラムキー部を右側のトレイに収納しており、しかも操作スイッチとディスプレイは通常演奏用とプログラム演奏用を中央部と左側にセパレートして搭載したレイアウトとなっています。

プログラミングで指定し、そのフレーズだけを再生するフレーズ再生や、合計15曲までのプログラミング再生、1曲/全曲/プログラムリピートが可能です。
また、プログラム再生時の曲間を一定(約4秒)にするSpaceキーや、プログラムの内容(演奏純とその曲番またはフレーズ)をディスプレイで確認できるCheckキーなどを搭載しています。

機種の定格
型式 CDプレイヤー
<機構>
ディスク駆動方式 ダイレクトドライブ
ピックアップ 半導体レーザー高性能1ビームタイプ
<方式>
RFアンプ 微分型ダブルAGC付
クロック再生 ダイレクトPLL方式
フォーカス制御 オートロック付利得切換えサーボ
トラッキング制御 位相検出型高利得サーボ
変調方式 EFM
エラー訂正 CIRCのC1、C2の2重エラー訂正方式
D/A変換 16ビット・リニア変換ツインコンバーター方式L/R同位相復調
曲の頭出し リードインデータ参照式高速サーチ
<特性>
周波数特性 10Hz〜20kHz ±0.5dB
歪率 0.005%以下(1kHz)
ダイナミックレンジ 90dB以上
ワウフラッター 測定限界以下
固定レベル出力 2Vrms(最大出力)
可変レベル出力 0.3Vrms〜3.6Vrms
<総合>
付属機能 瞬速選曲
曲のプラグラムセット
フレーズ演奏プログラムセット
1曲・全曲&プログラムセット曲リピート
Spaceセット
プログラム内容Check
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 45W
外形寸法 幅435×高さ116.5×奥行357mm
重量 13.5kg