オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

MX-2000の画像
 解説 

AVマルチメディア時代のリファレンスとして開発されたステレオパワーアンプ。

ヤマハ独自のHCA(双曲変換増幅)回路を搭載し、全負荷・全パワー領域に対するA給動作を実現しています。
HCA回路は、パワーバッファ前段のドライバー段にデュアルトランジスタ2個によるカレントミラー回路構成の変換回路を組み込んだもので、A給動作の入出力リニアリティを負荷レベル・パワー値に関係なく実現しています。
また、HCA回路はフィードバックループもゲインも持たず純粋な変換器として働くため、良好な過渡応答を得ています。

パワーバッファ段の出力端子にパワーMOS FETを採用しています。
パワーMOS FETは入力インピーダンスの高い電圧制御素子であり、ドライバー段の負担を減らし回路のシンプル化が図れるなどの特徴を持っています。
このパワーMOS FETを片チャンネル当り8個使用した4パラプッシュプル構成でA級定格出力150W+150Wを実現しています。

電圧増幅を行う初段のボルテージアンプには、デュアルFET差動入力・カスコードブートストラップ回路を採用しており、電流リークの少ない高利得デュアルFETと広帯域トランジスタの組合せにより、広帯域特性と過渡入力に強いハイスルーレートを実現してます。
また、実装上もボルテージアンプ基板を入力端子の間近に設定して、ローノイズと高S/Nを達成しています。

スピーカーシステムとの完璧なマッチングとドライブ能力の安定を図るため、スピーカー出力は1系統のみとしています。
1系統のみとしたことで、入力から出力に至るオーバーオールの歪を、独自のダイレクトエラーコレクションアンプを搭載することで徹底排除しています。
これは、スピーカー出力端子のホット/アース両端子から、直接歪をボルテージアンプに反転入力するアンプを新たに設けたもので、出力素子のわずかな歪やスピーカーリレーや出力コイルのノンリニア成分も追放しています。さらに配線材の直流抵抗分のために生じる入力端・出力端アースの電位差もキャンセルし、諸特性を向上しています。

ヒートシンカーには新たに低共振チムニー型を採用し、放熱部に鋭角を持たないオーバル形状により、共振によるヒートシンカーの鳴きを排除してます。
また、ヒートシンカー自体はアルミ押出し一体成型であり構造強度も大幅に向上しています。
これ以外にも、パワーステージ基板に金メッキバスバーを埋め込み、電力・出力ラインの低インピーダンス化を推進しています。
さらにオーディオ用ケミコンを全面採用しています。

電源部は、電源のレギュレーション特性、ノイズ特性に注意した上での必要にして充分な設計を施しており、EI型コア使用の420VA大型マッシブトランスを始め、20,000μF×2の低倍率アルミ電解コンデンサを採用しています。特に、平滑用アルミ電解コンデンサは直径76mmという大型のものを採用しており、低倍率アルミ電極箔の使用や電解液の改善でイオン性の伊豆を低減しています。

クロストークを最小にし、左右チャンネル間のセパレーションを最良にするため、信号回路の独立だけでなく、入力端子からスピーカー出力端子に至るまでの経路やパワーブロックの配置などの内部コンストラクションにも配慮がされています。
MX-2000では左右シンメトリー・コンストラクションを採用しており、電源トランス、平滑用ケミコンをシャーシの中央に置き、LRの各パワーブロックを左右に配置してセパレーションを向上してます。また重量バランスが良いため、脚部の安定化も果たしています。
さらに、微弱信号を扱うボルテージアンプ基板と、大電流の信号が通るスピーカリレーと出力コイルは、上下に分離した2BOXコンストラクションを採用し、ボルテージアンプ基板を上側、スピーカーリレーと出力コイルを下側に配置することで、入出力信号の干渉を排除しています。
また、フロントパネル、トップカバーには高剛性のアルミ押出し材を使用し、内部シャーシとフレームには全て非磁性・銅メッキ処理を施すことで、磁気歪の影響を抑えています。

dBスケール対数圧縮型の高速ピークレベルメーターをLR独立装備しています。

パワースタンバイのままスピーカー出力のオンオフを行えるプロテクション連動スピーカスイッチや、LR独立でテント型入力アッテネーター、真鍮製金メッキピンジャック端子、極太ケーブル対応・真鍮製金メッキスピーカ端子、極性表示付・OFC電源コードなどを採用しています。

機種の定格
型式 パワーアンプ
定格出力(20Hz〜20kHz) 180W+180W(4Ω、歪0.01%)
150W+150W(6Ω、歪0.003%)
130W+130W(8Ω、歪0.003%)
パワーバンド幅 10Hz〜100kHz(8Ω、65W、歪0.02%)
ダンピングファクター 1000以上(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス 1.2V/20kΩ
周波数特性 20Hz〜20kHz +0 -0.3dB
全高調波歪率 0.003%(8Ω、20Hz〜20kHz、130W)
SN比 125dB(IHF-A入力ショート)
残留ノイズ 15μV(IHF-A)
チャンネルセパレーション 95dB(1kHz、入力ショート)
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 350W
外形寸法 幅473×高さ170×奥行469mm
重量 28kg