オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

CA-800IIの画像
 解説 

B級-A級動作切換えメインアンプ部やコンティニュアスラウドネス、トーンジャンプを搭載したプリメインアンプ。

メインアンプ部には全段ピュアコンプリメンタリーOCL回路を採用しています。さらに、ブートストラップ回路を無くしているため位相の乱れなどもなく優れた過渡特性を示しています。
またスイッチの切換えにより、ハイパワーのB級動作と、音質に影響を与えるクロスオーバー歪やノッチ歪が原理的に無いA級動作が選択できます。

電源部には大型のパワートランスと10,000μF×2のフィルターコンデンサを採用しています。
また、パワー段を除く全段を駆動する別設定の定電圧電源を採用することで、安定性を高めています。

パワートランジスタ保護とスピーカー保護の2つの保護回路を搭載しています。
パワートランジスタ保護回路は、ASOをオーバーした場合にそれを検出し入力を制限するリミッター方式を採用しており、過負荷などで保護回路が作動している間も出力が減少するだけで再生が中断されません。
スピーカー保護回路はヤマハ独自の回路方式を採用しており、出力端子の直流電圧が±2Vを越すとリレーが作動し、スピーカーへの信号経路を遮断します。この保護回路は±2V以下になれば自動復帰します。さらに電源ミューティングを兼ねているため、パワースイッチをONした時のショックノイズも防いでいます。

イコライザーアンプ部は、ローノイズトランジスタを使用したNFB方式4段直結回路、定電圧+50Vの高供給電源や出力インピーダンスを低くとれるエミッターフォロアー方式出力段、充分にかけられたNFなどにより、低歪率・高安定度を保持しつつ大きなゲインを得ています。
イコライザー素子には、蒸着金属皮膜抵抗(誤差±1%)とスチロールコンデンサー(誤差±1%、±2%)を組み合わせ、さらに、漏れ電流や経年変化の少ないタンタルコンデンサーを各所に使用し、高精度特性を得ています。
また、Phono1回路にはインピーダンス切換えスイッチを搭載しており、カートリッジの負荷インピーダンスに合わせて3段階に切換えできます。

トーンコントロール回路は位相反転型6石アンプによるNF型となっています。
ターンオーバー周波数はBass・Trebleともに2段階切換え式となっており、さらにTone Defeatポジションにすれば回路はフラットアンプとして動作します。

フィルター回路は位相反転型3石アンプで構成されています。ローフィルターは70Hz/off/20Hz、ハイフィルターは6kHz/off/12kHzの3ポジションが選択できます。

トーンアンプとフィルターアンプをバイパスするトーンジャンプポジションをオーディオミューティングスイッチに搭載しています。

ゲインを20dB下げることができるオーディオミューティングを搭載しています。

コンティニュアスラウドネスを搭載しています。この回路ではラウドネス専用ボリュームを設けることで、実際に聴く人の耳やスピーカーの能率、部屋の広さ、音量の大きさを基準にした補正が可能です。

2系統のテープ回路を搭載しています。

プリアンプとメインアンプとを分離して使用できます。

2系統のスピーカー端子を搭載しています。

4系統のACアウトレットを搭載しています。

フロントパネルはシルバーヘアライン仕上げ、キャビネットはキャストールのオープンポア仕上げとなっています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
<メインアンプ部>
回路方式 B級・A級動作切換式
全段直結ピュアコンプリメンタリーSEPP OCL回路
ダイナミックパワー(IHF) B級動作時:160W(8Ω)
実効出力
両ch動作時
20Hz〜20kHz: 10W+10W(8Ω、A級動作時)
60W+60W(4Ω、B級動作時)
50W+50W(8Ω、B級動作時)
1kHz: 10W+10W(8Ω、A級動作時)
70W+70W(4Ω、B級動作時)
55W+55W(8Ω、B級動作時)
片ch動作時 1kHz: 10W/10W(8Ω、A級動作時)
90W/90W(4Ω、B級動作時)
60W/60W(8Ω、B級動作時)
全高調波歪率
A級動作時: 0.1%以下(実効出力時)
0.02%以下(1W出力時)
B級動作時: 0.1%以下(実効出力時)
0.04%以下(1W出力時)
混変調歪率
(70Hz:7kHz=4:1)
A級動作時: 0.1%以下(実効出力時)
0.05%以下(1W出力時)
B級動作時: 0.1%以下(実効出力時)
0.05%以下(1W出力時)
パワーバンド幅
(IHF、両ch駆動)
A級動作時:5Hz〜100kHz
B級動作時:5Hz〜70kHz
周波数特性 10Hz〜100kHz +0 -1dB
入力感度/インピーダンス A級動作時:345mV/100kΩ
B級動作時:775mV/100kΩ
出力端子 スピーカー端子:2系統
ヘッドホン端子:4Ω〜16Ω
ダンピングファクター 70(1kHz、8Ω)
SN比(IHF、Aネットワーク) 100dB
残留雑音 0.8mV(プリ+メインアンプ、8Ω)
<プリアンプ部>
回路方式 イコライザーアンプ、マイクアンプ:4段直結NFB型アンプ
トーンコントロールアンプ:6石アンプ
入力感度/インピーダンス Phono1:3mV/30kΩ、50kΩ、100kΩ
Phono2:3mV/50kΩ
Mic:2.5mV/100kΩ
Tuner、Aux1/2、Tape PB A/B:120mV/50kΩ
出力レベル/インピーダンス Tape rec outA/B:120mV/2kΩ
Pre out:775mV/2kΩ
Phono最大許容入力 310mVrms(870mVp-p、1kHz、歪率0.1%)
高調波歪率(Pre out、
定格出力時、20Hz〜20kHz)
Phono1/2:0.1%以下
Tuner、Aux1/2、Tape:0.02%以下
周波数特性 Phono(RIAA偏差):30Hz〜15kHz ±0.2dB
Tuner、Aux1/2、Tape PB:10Hz〜50kHz +0.5 -1dB
SN比(IHF、クローズドサーキット
Aネットワーク)
Phono1/2:80dB
Mic:70dB
Tuner、Aux1/2、Tape:90dB
トーンコントロール Bass:±15dB(50Hz)、ターンオーバー周波数:250Hz、500Hz
Treble:±10dB(10kHz)、ターンオーバー周波数:2.5kHz、5kHz
フィルター Low:20Hz/70Hz、12dB/oct
High:6kHz/12kHz、6dB/oct
ラウドネスコントロール 等ラウドネスカーブに準ずるコンティニュアスラウドネス
オーディオミューティング -20dB
<総合>
付属回路 トランジスタ保護回路(ASO検出リミッター方式)
スピーカー保護回路(電圧検出リレー駆動方式)
オペレーションスイッチ(A級・B級動作切換スイッチ)
テープダビングスイッチ
コンティニュアスラウドネス
トーンジャンプ
使用半導体 トランジスタ:61個
ツェナーダイオード:6個
ダイオード:30個
ACアウトレット 電源スイッチ連動:2系統、max200W
電源スイッチ非連動:2系統、max200W
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 140W(定格、電気用品取締法)
外形寸法 幅436×高さ144×奥行323mm
重量 14.0kg