オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

B-70の画像
 解説 

ZDR(Zero Distortion Rule)やX電源、リニアトランスファ回路などを搭載したステレオパワーアンプ。

B-70の基本回路構成は、カスコードコンプリメンタリーA級プッシュプル差動増幅段、カスコードコンプリメンタリープリドライブ段、新開発ZDR搭載の3段ダーリントンコンプリメンタリー4パラレルリニアトランスファ回路の出力段で構成されています。
また、電源部はX電源とX増幅で構成されています。

パワーアンプ終段で発生する歪を完全に解消するため、歪検出回路と入力加算回路で構成されたZDRを開発・搭載しています。
歪検出回路は完全なブリッジ構成をとることにで歪成分のみを検出しています。このブリッジによる歪センサは、パワートランジスタのエミッタ抵抗の誤差も含め、トランジスタのノンリニアリティやジャンクション温度変化による動作点変動、さらに電源からのノイズ、外乱等を全て入出力リニアリティの変動として捉えて検出しています。また、スピーカーにおいては、電圧電流の振幅の大小や位相に影響されずに、歪を検出できています。さらにスピーカーからの逆起電力によって発生する歪も検出しています。
加算回路では、フローティング電源からパワー段入力部へ、フローティングブリッジ回路として歪成分を電圧加算しています。
信号源に対し直列加算方式をとっているため電圧増幅段からの駆動信号電流と歪補正電流との独立性が保たれ、相互に悪影響を与えずに正確な歪キャンセル動作を可能にしています。
このZDRでは、歪ない出力を得るのに必要な補正を入力側で行うため、パワー段の電力ゲインはそのまま使用でき、補正に要する電力は微少で済んでいます。また、電圧・電流共振幅が小さいので補正系の歪が無視できています。さらに、出力インピーダンスも、歪の無いリニアな抵抗分のみによって決まるため、出力端からのオーバーオールのNFBによって改善することができます。

電源部にはB-6にも採用されたX電源を採用しています。
この電源回路では、二次側で消費する電力に応じて直流出力電圧が下がろうとするのを、電圧比較増幅器が基準電圧発生回路で作られた基準電圧と比較し、検出しています。この電圧比較増幅器からの信号を、発光ダイオードとフォトトランジスタを組合わせたフォトカプラーを通して一次側に高速フィードバックし、一次側に挿入されているTRIACのゲートに加わる信号をコントロールすることで、トランスに入力される電力を制御しています。
TRIAC素子では電源周波数に同期してON/OFFするスイッチのような動作をしており、従来の電源回路では電源周波数の全周期がトランスに入力されていたのに対し、X電源では必要に応じて通電位相角をコントロールしてトランスに入力しています。これにより通電時間は従来の2分の1以下に短縮され、さらに通常電源のように電力消費量や入力電圧変動によって出力電圧が変動するようなことも無いため、巨大電源に相当する大電力伝送を可能としています。
また、結果的に小型化できるためトランスのインピーダンスも低くとれ、低域の量感などを改善しています。さらに、スイッチングレギュレーターのように大電力を可聴帯域近くの高周波でスイッチングすることもないため、雑音の発生などがありません。しかも、従来の電源の場合は負荷電力が増加すると出力電圧が大幅に低下し、しかも入力電圧の変動もダイレクトに出ますが、X電源ではそれらの変動も極少レベルに抑えています。

X増幅は、基本回路として電源電圧変動に極めて強い高度な回路構成の高SVRR(Supply Voltage Rejection Ratio)アンプを開発採用した上で、出力信号の立ち上がりの早さとそのレベルを検出し、この2つの検出信号の要求に応じて高速Trで電源電圧を2段階に切換えるリアルタイムウェーブプロセッサを用い、ハイパワーとハイクオリティを効率良く得ています。

終段にヤマハ独自の回路技術であるリニアトランスファ回路を採用しています。
この回路ではパラレル構成の各トランジスタのバイアスをシフトさせて合成することで、小信号時の伝達特性を二乗特性に近づけており、小信号時の伝達特性をリニアにすることで原理的にクロスオーバー歪の発生を無くして裸特性を大幅に改善しています。

万一スピーカーがショートしたような状態や4Ω以下の負荷を接続した場合に、パワートランジスタのコレクタ損失(Pc)を検出してドライブを制限するPCリミッタ回路を内蔵しています。
さらに、入力端子にDCが入力された場合やスピーカー端子に直流成分が漏れた場合にスピーカーをアンプからリレーで切り離すスピーカー保護回路を内蔵しています。また、このスピーカー保護回路は電源スイッチ投入時のショックノイズを防止するミューティング回路としても動作します。

大型LED20点ピークレベルメーターを搭載しています。
このメーターにはピークホールドスイッチ、×0.1Wのレンジ切換えスイッチ、メーターオフスイッチを搭載しています。

スピーカーA/B端子にそれぞれ独立したレベルコントロールを搭載しています。

ACアウトレットを搭載しています。

機種の定格
型式 ステレオパワーアンプ
定格出力 200W+200W(8Ω、20Hz〜20kHz、0.002%)
250W+250W(4Ω、クリッピングパワー)
パワーバンド幅(8Ω、100W+100W) 10Hz〜100kHz(歪0.006%)
入力感度/インピーダンス 1.41V/25kΩ
周波数特性 DC〜100kHz -0.5dB
SN比(IHF-A) 124dB
全高調波歪率(8Ω、100W) 0.0005%(20Hz)
0.0005%(1kHz)
0.001%(20kHz)
0.003%(50kHz)
0.006%(100kHz)
混変調歪率(50Hz:7kHz、8Ω) 0.002%(100W+100W)
チャンネルセパレーション
(入力ショート)
100dB(20Hz)
95dB(1kHz)
70dB(20kHz)
ダンピングファクター 200
スルーレイト 200V/μsec
ACアウトレット unswitched:200W max
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 220W
外形寸法 幅435×高さ133×奥行380mm
重量 13.7kg