オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

AX-900の画像
 解説 

LiD電源、ALA回路などの技術を投入したプリメインアンプ。

安定した電力供給を実現するため、強力LiD(Low-impedance Drivability)電源を搭載しています。
EI型コアを磁気シールドカバーで多い、さらに内部を硅砂とポリブタジエン樹脂で充填した対振動設計のGTトランス(7.5kg、350VA)を搭載しています。
また、22000μF×2のハイスピード、低インピーダンス設計のDigital Readyケミコン、極太OFC給電ケーブルを採用して、余裕度を向上しています。

パワー段で発生するクロスオーバー歪、スイッチング歪をはじめとする、音を濁すわずかな歪も排除し、入力信号レベルに応じたリニア増幅を可能にするALA(Absolute Linear Amplification)回路を搭載しています。

プリ部、パワー部のそれぞれに対して独立電源回路を搭載しています。
信号基盤もフォノイコライザ部、プリ部、パワー部と完全分離し、さらに信号経路が重ならないように配置を採ることで、S/Nを高め、低歪率を確保しています。
また、大出力のスピーカー出力信号の配線引き回しを避けるため、コネクティングロッドによるリモートタイプのスピーカースイッチにしています。

CDの持つ高音質をストレートに伝送するため、他入力に対してCDソースを最優先で楽しめるCDダイレクトスイッチを搭載しています。
CDダイレクトプリを別途も受けて高純度増幅し、オーディオミューティング、ボリューム、そしてCDダイレクトプリを経由するだけのシンプルかつストレートなプリアンプ構成となり、最短経路でパワー部へ直結されます。

異なるソースを各々独立して同時録音することができるダブルREC OUTセレクタを搭載しています。
これによりTape1でエアチェック、Tape2でCD録音というように、複数のデッキを同時に活用できます。

低域・高域を増強せず、中域を絞り込むことで聴感バランスをとるコンティニュアス(連続可変)ラウドネスを搭載しています。
通常のボリューム位置はそのままに、コンティニュアスラウドネスを絞り込むほど中域の音量を減衰し、低域と高域は絞り込んだ中域の変化量に合わせて最適の音量が設定される仕組みとなっているので、好みの音色で、小音量時における低域・高域の量感不足を解消できます。

Bass、Mid、Trebleの3バンドトーンコントロールを搭載しています。
また、トーン回路をディフィートするトーンバイパススイッチを搭載しています。

ローノイズトランジスタを採用したリアルタイム・フォノイコライザアンプを搭載しています。

MM/MCカートリッジセレクタ搭載。

サブソニックフィルタスイッチ、ハイフィルタスイッチ、ステレオ/モノモード切換スイッチ、バランスコントロール、A/B2系統スピーカー切換スイッチ、オーバーロードプロテクション回路、ヘッドフォン端子などを搭載しています。

プリアンプ部、パワーアンプ部を独立して使用できるプリアウト、メインイン端子を搭載しています。

電源連動2口、非連動1口の極性表示付ACアウトレット搭載、極性表示付電源コードを採用しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力(20Hz〜20kHz) 150W+150W(6Ω、歪0.005%)
130W+130W(8Ω、歪0.003%)
パワーバンド幅 10Hz〜50000Hz(65W、8Ω、歪0.03%)
ダンピングファクタ 150以上(1kHz、8Ω)
入力感度/インピーダンス MC:160μV/220Ω
MM:2.5mV/47kΩ
AUX他:150mV/47kΩ
Main In:1V/47kΩ
RIAA偏差 20Hz〜20000Hz、±0.3dB(MC)
全高調波歪率
(20Hz〜20kHz)
MC:0.005%
MM:0.003%
S/N比(IHF-A) MC:70dB
MM:86dB
トーンコントロール
(最大可変幅)
Treble:±10dB(20kHz)
Mid:±10dB(1kHz)
Bass:±10dB(20Hz)
ラウドネス コンティニュアス
電源 AC100V、50Hz/60Hz
消費電力 260W
外形寸法 幅435×高さ165×奥行416mm
重量 17.5kg