オーディオの足跡

ハイレゾ音源配信 e-onkyo music

A-6aの画像
 解説 

ZDR回路やX電源などのヤマハ独自の技術を投入したプリメインアンプ。

メインアンプ部の終段で発生する歪をなくすため、独自のZDRが採用されています。
これは、アンプ終段で生じる歪成分だけを検出し、それを同一ゲインで入力側に加えることで歪の発生をなくしてしまうもので、これによりアンプ終段で発生する歪の絶対量をゼロにしてます。
また、クロスオーバ歪やサーマル歪などの有害な歪がなくなり、スピーカに起因する歪もキャンセルされます。

イコライザ部にはピュアカレントサーボアンプ方式を採用しています。
この方式は、電源ラインやアースラインに、従来のように信号電流(変化電流)が流れ込まないようにしてアンプ動作を理想化させたもので、常に一定の電流が供給されるため、変化電流に起因するノイズやインピーダンス変化の悪影響が無く、ICL方式FET差動入力段といった回路構成と相まって、ピュアな増幅を可能としています。

電源部にはヤマハ独自のX電源を採用しています。
X電源方式は、小型ながら巨大電源と等価な給電能力をもつもので、定電圧給電を可能としています。

セレクタのポジションに係わらず、常にDISC(レコード)を選択するDISCスイッチを搭載しています。
また、Rec Outセレクタやラウドネス回路を搭載しています。

Listening Level Monitorを搭載しており、0.2W〜150Wの範囲で、セットした値を超えるピーク出力が合った場合にLEDの点灯によって確認できます。

Main Directスイッチを搭載しており、ONにするとイコライザやチューナからの信号がハイゲインDCメインアンプに直結されます。

ミューティングスイッチ、ハイフィルタ、トーンコントロールなどの機能を搭載しています。

機種の定格
型式 プリメインアンプ
定格出力(両ch動作、20Hz〜20kHz) 100W+100W(8Ω、歪0.003%)
パワーバンド幅 10Hz〜100kHz(8Ω、50W、歪0.02%)
ダンピングファクタ 65(8Ω、1kHz)
入力感度/インピーダンス Phono MM:2.5mV/47kΩ
Phono MC:160μV/100Ω
Tuner、AUX、Tape:150mV/47kΩ
最大許容入力(1kHz、歪0.01%) MM:180mV
MC:10mV
出力電圧/インピーダンス Rec Out:150mV/270Ω
周波数特性(Main Direct On) Tuner、AUX、Tape→SP Out:1Hz〜100kHz +0 -2dB
RIAA偏差(20Hz〜20kHz) MM→Rec Out:±0.2dB
MC→Rec Out:±0.3dB
全高調波歪率(20Hz〜20kHz) MM→Rec Out(5V):0.003%
MC→Rec Out(5V):0.006%
AUX他→SP Out(50W、8Ω):0.003%
混変調歪率(8Ω) AUX他→SP Out:0.002%
SN比(IHF-A) Phono MM:86dB
Phono MC:70dB
Tuner、AUX、Tape:106dB
入力換算雑音(IHF-A) Phono MM:-138dBV
Phono MC:-142dBV
残留ノイズ(Main Direct On) 65μV
トーンコントロール Bass:±10dB(20Hz)
Treble:±10dB(20kHz)
ハイフィルター 10kHz、12dB/oct
ラウドネスコントロール 1kHz:20dB
Listening Level Monitor 0.2W〜150W
電源電圧 AC100V、50Hz/60Hz
定格消費電力 165W
ACアウトレット 電源スイッチ連動:2系統、100W
電源スイッチ非連動:1系統、200W
外形寸法 幅435×高さ112×奥行365mm
重量 9.1kg